男性ホルモンの分泌が盛んな時間帯や、分泌を下げる原因について

こんにちはタッちゃんです。

体内の性ホルモンの分泌の時間は、それぞれ活動的な時間帯なのがあります。

結論から言えば精力剤サプリメントをいつ飲むか?の部分に関係すると思いますが、サプリメントは健康補助食品です。ですので、薬のように飲む時間が厳密に決まっているわけではないのはあらかじめ言っておきます。

よく、ペニス増大サプリメントや精力剤サプリメントの服用時間について、「成長ホルモンは夜分泌されるので、夜に飲んだ方が良い」「チントレをした後、エネルギーを補充する意味で、チントレ後ペニス増大サプリメントは飲むべし」みたいなことを書いているブログがあります。

成長ホルモンの分泌と飲むタイミング
GHリリーザーが一緒に摂られていると、夜中に成長ホルモン放出の引き金が引かれる事になる。 成長ホルモンの分泌がピークになるのは、眠りに入って90分後である。自然の成長ホルモンのレベルは、年を取るにつれて低下していく。そして50歳あたりでGHの算出は完全にストップしてしまう。 >>「小学館」パールミンデル著「ビタミンバイブル」より引用

健康補助食品なので、いつ飲むかによって、それぞれの効果効能に影響があるのは考えにくいです。

ですので、そのような事は気にしなくて良いです。

精力剤サプリメントは続けることが大事

一番大事なことは続けることです。

例えば、夜寝る前に必ず飲む。それが成長ホルモンにとっては仮に良いことだとします。

でも、忘れてしまったり、面倒になってしまったり…そんなことになります。

僕自身も、ペニス増大をしているとき、ペニス増大サプリメントの服用に慣れずに、何回も途中で止めたりしていました。

そのような事をする位であれば、続ける事ができるにはどうすればいいか?を考えるべきです。

ハッキリ言って、いつ飲めば効果が最大になり、この時間に飲めば台無しになる、みたいなことは健康補助食品なのでありません。

それを踏まえた上で、この記事を読んでいただければと思います。

>>【2020年版】抜かずの3発!中高年オススメの精力剤サプリランキング【タッちゃんも愛用!】

男性ホルモンの分泌の時間

男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌は1日のなかでも変動があると言われています。

一番高いのは朝と言われています。午後になってしまうと、夜に向かってだんだんと下がっていくというのが1日のサイクルだそうです。

男性ホルモン(テストステロン)に限ったことではなく、メンタル的な興奮をはじめとして、攻撃性と携わるアドレナリンも正午までのほうが高く、身体の構成上、アクティブ系のホルモンは朝目覚めてから活発に分泌される動きにあります。

おそらくホルモンの体内時計がこういったリズムで組み込まれているからだと考えられています。

つまり、人間は生物学的には朝型、または日中型であり、少なくとも夜型ではないということです。

副交感神経と交感神経の話になりますが、夜になれば人間はリラックスします。

男性ホルモン(テストステロン)が副交感神経のタイミングで分泌されるのは納得です。

動物的な感覚で言えばオスは狩りをしますので、その時に男性ホルモン(テストステロン)が最大限に分泌する必要があるからです。

男性ホルモン(テストステロン)には冒険心をはじめとして、チャレンジ精神をアップする働きもあるので、朝行動することで、それが好循環を作っていく事は考えられます。

早起きは三文の得などと言われますが、男性ホルモンの分泌されている時間帯が朝早いという所で、あながち間違いではないという事が分かります。

男性ホルモン(テストステロン)の最大の敵はメンタルストレス

いかに健康に注意し、節制に努めても20代の頃の男性ホルモン(アンドロゲン)を永遠に保ち続けるのは無理でしょう。

現実的には男性ホルモン(アンドロゲン)は生涯にわたって減り続けます。問題点は減り方であり、ちょっとずつ、なだらかに低下していくのがベターだと考えられます。

女性の閉経のように、いきなりガツンと男性ホルモンが減った場合、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)になります。

男性ホルモン(アンドロゲン)の低下の早さを大きく加速させてしまう一番のわけは、精神的なプレッシャーにあります。

たとえば、男性ホルモン(テストステロン)は精巣から分泌される性ホルモンなのですが、その指令を出すのは脳となります。

脳の視床下部から刺激するホルモンが出て、これを受けて脳下垂体がさらに男性ホルモン(テストステロン)を分泌する刺激ホルモンを分泌し精巣がはじめてテストステロンを分泌していきます。

しかしながら、脳がハンパないストレスを感じると、男性ホルモン(テストステロン)の分泌を刺激するホルモンが抑制されるので、男性ホルモン(テストステロン)の分泌は減少してしまう可能性があります。

ストレスがかかると、本来、テストステロンの分泌を促す命令を出すはずの脳の視床下部が『男性ホルモン(テストステロン)を出すな』という命令を出すようになってしまうということです。

男性ホルモン(テストステロン)のストレス耐性も関係してきます。

男性ホルモン(テストステロン)が減少してくると、脳がプレッシャーに耐えきれなくなるのです。脳のストレス耐性が低下したら男性ホルモン(テストステロン)は一層低下し、間違いなく負のスパイラルにはまることになります。

しかしながら、ストレスの感じ方も、何にストレスを思ってしまうかも人それぞれです。

高所に登った時、興奮して男性ホルモン(テストステロン)が上がる男性もいる一方、恐怖をはじめとして、恐れが強いプレッシャーとなって、男性ホルモン(テストステロン)が減少する男性もいます。

40代、50代で男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)を発症することがいっぱいいるのも、加齢による男性ホルモン(アンドロゲン)の低下に加え、ストレスによる影響がいっぱいあると考えられています。

30代とか40代の男性はちょうど中間管理職に就くことが数多くあり、上司と部下の板ばさみとなって、人間関係に悩むというケースもしばしばです。重い責任を背負い、仕事の重圧に押しつぶされそうなることもあります。

加えて、仕事についてのストレスを解消する事が出来る場所であるはずの家庭にもストレス要素は山積みです。

子供達の進学、親の介護、更には夫婦の不仲……どれにしても大きなストレスとなってわが身にふりかかってきます。

その上、男性は女性に比べ、心配事ごとを誰かに相談すると言う事が下手だと思います。女性が友達などにどのようなことでも打ち明け、ストレスを上手に逃して対処しているのに対し、男性は自分自身独りで悩みを抱え込み、結局のところストレスを増幅しがちです。

生真面目で几帳面な男性ほど、ストレスには弱いと考えられています。そうした大きなストレスを脳が感じれば、ホルモンのシステムはドミノ倒しのように男性ホルモン(アンドロゲン)減少へと傾きます。

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)を発症した後も、夫婦の仲が上手にいっていなければ、事態は益々悪化していきます。

特に夫婦ともに男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)に対する認識がないようなケースです。

セックスが上手くいかない場合、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)が原因と知らなく、単なる性機能の減退というレベルで片付ける場合、妻の浮気、または傷つく一言など、色々と更に男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)を加速させる出来事が起きてしまう可能性があります。

セックスの危険信号を感じたら危険

話がそれましたが、男性ホルモン(テストステロン)は朝に分泌されやすいという話でした。

もちろん、中年男性は、る男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンが分泌されにくい環境下に置かれている人が多いです。

シッカリと活動時間に男性ホルモン(テストステロン)が分泌できる栄養やストレスの発散を行っていれば、いつまでも若々しく過ごすことができると思います。

ペニス増大サプリで生成される『男性ホルモンと成長ホルモン』が 足りない時のデメリットと、増えるメリット
男性ホルモン(テストテロン)と成長ホルモンは、20代をピークに分泌され、徐々に減っていきます。30代以降は体内で生成されることはほぼありません。ストレス、生活習慣により急激に減少し、女性の閉経の様な状態(急激に減る状態)になり、男性更年期障害(LOH症候群)と呼ばれる症状が出てきます。 男性ホルモン(テストテロン)、成長ホルモンが減ると起こる諸症状

  • ED(勃起障害)、勃起不全、インポテンツ、ペニスの勃ちが悪くなる
  • 朝立ちしなくなる、性欲の減退
  • ペニスの中折れ、射精出来ない
  • 射精の感度が下がる、セックスに興味がなくなる
  • 肥満やメタボリックシンドローム、筋肉量の低下
  • 不眠、眠りが浅くなる
  • 腰痛、肩痛、肩こり、理由もなくだるくてヤル気が出ない
  • 発汗、ほてり、動悸、頻尿、めまい

成長ホルモン、男性ホルモンが増えると期待出来る好転作用加齢により体内で増える事がない男性ホルモンと成長ホルモンをペニス増大サプリで強制的に体内で作ることで、以下の好転反応が期待できます。

  • 第二次性徴期と同様、ペニスがデカくなる
  • 性欲の増進(ペニスの勃起の向上、セックスの時の射精の気持ちよさ)
  • 筋肉量が増えセクシーになる、痩せる(肥満やメタボ予防)
  • 体毛増加作用
  • ドーパミンの分泌を促す為、精神を活性化してヤル気を高める
  • 鈍痛予防効果
  • 闘争本能促進、孤独願望促進
  • うつ病予防、アンチエイジング対策
  • モテる(女性は無意識レベルで男性ホルモン(テストステロン)の量を測っていると言われている)

*テストテロンは『モテフェロモン』『モテホルモン』とも呼ばれています。 ヴィトックスαエクストラエディションは、血行促進成分、または、ペニス増大サプリメントの成分として有名な人気成分シトルリンを従来比2倍配合しています。

もし、最近元気がないとか、朝勃ちしない、ペニスの勃起力が下がった…みたいな自己評価があれば、精力剤サプリメントをオススメします。

>>【2020年版】抜かずの3発!中高年オススメの精力剤サプリランキング【タッちゃんも愛用!】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事