こんにちはタッちゃんです。

モテたい、ペニスを大きくしたい、精力をつけたい、日々の『活力』を磨きたい男性の方にとって、絶対に外せないキーワードがテストステロン(男性ホルモン)です。

テストステロン 増やす方法 
テストステロン 増やす方法 モテる

テストステロン(男性ホルモン)を体内で増やすことを意識し、日々体調を整えていれば、年齢等衰えることがない!と思えるくらいです。

現に、今の自分自身、過去の中で最も魅力的でセクシーだと思っています(笑)去年の自分よりも毎年素晴らしくありたいですよね?

そんなモテたい男性に絶対に必要なのがテストステロン(男性ホルモン)です!

どうすれば良いか?結論を先に言えば、

  • テストステロン(男性ホルモン)は40代の男性ではほぼ生成されない
  • テストステロン(男性ホルモン)は食べ物で体内に摂り入れる栄養で増やすことができると言われている
  • テストステロンの増やす成分を食品のみで摂取することは不可能に近いので、サプリメントを効率よく摂取すると良い
  • 普段の食事では「カラダに良いものを摂取し、生活習慣を整えテストステロンが減らない食事」を心がける
  • テストステロンの生成に必要な栄養素をサプリメントで摂取し、「テストステロンの増える」環境を整える

が最もベストな選択になります。

ペニス増大サプリメントや、精力剤サプリメント、『活力』サプリ、そして筋トレのために色々な栄養学を勉強した僕が、テストステロンのメリットやデメリット、日々の生活でどの様なところに気をつけるのか?について説明していきたいと思います。

テストステロンは「男性ホルモンのアンドロゲン」の中の一種の性ホルモンで、アンドロゲンは

  1. テストステロン 95%が精巣で作られます
  2. デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)
  3. ジヒドロテストステロン

こちらの3つの性ホルモンの種類があります。

哺乳類のオスでは睾丸で95%、副腎で5%、メスでは卵巣や副腎から男性の5-10%程度ながら分泌される。

ウィキペディアより引用

この記事では、モテホルモンといわれるテストステロン(男性ホルモン)について詳しく書いていきたいと思います。

Contents

テストステロン(男性ホルモン)とは?

テストステロン(男性ホルモン)はアンドロゲン(男性ホルモン)の中の一つのホルモンで、ややこしいですが「精力や元気、男らしさ」などを語る時の「男性ホルモン」を「テストステロン」と呼ぶことが多いです。

例えば、色気のあるチョイワルオヤジが「男性ホルモン(テストステロン)プンプンだ」みたいな感じになるとき、基本的にはテストステロンがイコールになっていると思ってよいでしょう

Twitterで有名なテストステロンさんも、筋トレをビジネスとつなげていますが、要するにざっくりといえば「僕達が思う男らしさ」に外すことのできない性ホルモンなのです。

テストステロン(男性ホルモン)の潜在的な量は自分の手のひらで分かる

f:id:tachan47:20190122190138j:plain
右の薬指がテストステロンの量と言われている。ちなみに左の人差し指が女性ホルモン

上記は、僕自身の手になるのですが、テストステロン(男性ホルモン)の潜在的な量を測るには、自分の右手が答えを出しているので見るとわかります。

これは、手相とかおまじないとかのレベルではなく、研究で発見されている「2D(2番目の人差し指):4D(4番目の薬指)比」と呼ばれるエビデンスに基づいている結果になります。

これは、右手の人差し指の長さを、薬指の長さで割った値がどれだけ低いか?で、その人の男性ホルモン(テストステロン)の指標がわかる方式です。

実際に、割ったりする必要は厳密にはなく、単純に「右手の薬指が長ければ男性ホルモン(テストステロン)の値が高い」のです。

ちなみにですが、女性の場合、基本的には人差し指の方が長く、薬指が長ければ「エロい」ともいわれています(笑)

ですから、ナンパや飲み会のときに、さりげなく手相を見るふりをして、右手の薬指の長さを見ることで「性に対して男性的なのかどうか?」などがわかります。僕もこれはよく使いますので、皆さんも試してみてください。

僕の写真を見てもらえればわかりますが、

  • 右手の薬指(男性ホルモン)が長く
  • 左手の人差し指(女性ホルモン)が長い

のは、男性的な部分も兼ね備え、なおかつ女性的要素も持っているフェミニストであると考えられます(笑)

テストステロン(男性ホルモン)が男性にもたらすメリット

テストステロン(男性ホルモン)は、20代をピークに分泌され、そして徐々に毎年減っていきます。

40代ではほとんど分泌されないと言われています。また、最近ではストレスや生活習慣、食生活の変化などにより、若い男性でもテストステロン(男性ホルモン)が低いケースが多いみたいです。

若くても中年ぶとりしていたり、顔に覇気のないような人は多く見かけます。酒を飲んで脂っこいものを毎日食べ、運動もせずに、会社の上司にガミガミ言われるストレスなどで、体内のテストステロン(男性ホルモン)はどんどん減って行きます。

あとでも触れますが、テストステロン(男性ホルモン)の最大の敵はストレスと言われています。

そして、女性の閉経によって訪れる更年期障害の症状と同様で、男性の場合も「ストレスで急激に閉経のような状態でテストステロン(男性ホルモン)が減る」ケースも多く、男性更年期障害(LOH症候群)とも呼ばれています。

ペニス増大サプリで生成される『男性ホルモンと成長ホルモン』が 足りない時のデメリットと、増えるメリット

男性ホルモン(テストテロン)と成長ホルモンは、20代をピークに分泌され、徐々に減っていきます。
30代以降は体内で生成されることはほぼないと言われています。
ストレス、生活習慣により急激に減少し、女性の閉経の様な状態(急激に減る状態)になり、男性更年期障害(LOH症候群)と呼ばれる症状が出てきます。

男性ホルモン(テストテロン)、成長ホルモンが減ると起こる諸症状

  • ED(勃起障害)、勃起不全、インポテンツ、ペニスの勃ちが悪くなる
  • 朝立ちしなくなる、性欲の減退
  • ペニスの中折れ、射精出来ない
  • 射精の感度が下がる、セックスに興味がなくなる
  • 肥満やメタボリックシンドローム、筋肉量の低下
  • 不眠、眠りが浅くなる
  • 腰痛、肩痛、肩こり、理由もなくだるくてヤル気が出ない
  • 発汗、ほてり、動悸、頻尿、めまい
成長ホルモン、男性ホルモンが増えると期待出来る好転作用 加齢により体内で増える事がない男性ホルモンと成長ホルモンをペニス増大サプリで強制的に体内で作ることで、以下の好転反応が期待できます。
  • 第二次性徴期と同様、ペニスがデカくなる
  • 性欲の増進(ペニスの勃起の向上、セックスの時の射精の気持ちよさ)
  • 筋肉量が増えセクシーになる、痩せる(肥満やメタボ予防)
  • 体毛増加作用
  • ドーパミンの分泌を促す為、精神を活性化してヤル気を高める
  • 鈍痛予防効果
  • 闘争本能促進、孤独願望促進
  • うつ病予防、アンチエイジング対策
  • モテる(女性は無意識レベルで男性ホルモン(テストステロン)の量を測っていると言われている)
テストテロンは『モテフェロモン』『モテホルモン』とも呼ばれています

性ホルモンはフェロモンとも呼ばれますよね?

上記のメリットを見るとわかりますが、要するに「男らしさ」が倍増すると思ってもらって良いです。

人間が「狩猟民族」だった昔は、若いオスは仲間のために狩りをして食料を得ていました。老人やその村の長たちは年齢が老けているため、狩りに出かけることはありません。

つまり、これはテストステロン(男性ホルモン)に直結して来る理論であり、「オスとしての力=テストステロン」であるともいえます。

狩りをしなければいけないので筋肉がなければいけないし、女性が男性を求めるのがホルモンレベルであることも、まだ言葉を感じる前の人間の本能的な動物の勘だともいえるわけです。

テストステロン(男性ホルモン)のトリビア

テストステロン(男性ホルモン)を本能的な部分で女性が感じると言われてもピンとこないかもしれません。

例えば、種族の確認のために「アポクリン汗腺」がありますが、あのアポクリン汗腺があるから「ワキガ」「トベラ」等の嫌な臭いが発生します。

アポクリン汗腺は、耳の裏やわきの下、そして乳首やデリケートゾーンに集中しています。

Hの時にニオイが出るのは嫌ですが、あれは本能レベルで「オスを惹き付けるフェロモン」としての役目があるのです。

そして、そのニオイの発信元であるアポクリン汗腺がなぜ乳首にあるのか?これは、生まれたばかりの赤ちゃんが本能で「お母さんのおっぱい」の場所がわかるようにと言われています。

ですから、僕達人間は「あの女はいい女」とか「あの人になら抱かれてもいい」みたいに顕在的な部分で思うのと同じで、それ以上に本能で「オス」や「メス」を判断していると考えることも出来ます。

テストステロン(男性ホルモン)が体内で減ることのデメリットについて

ボクは30代の後半から、筋トレやペニス増大サプリメント、精力剤などをほぼ毎日飲んでいる生活習慣です。

テストステロン 増やす 方法 
テストステロン 増やす
テストステロン 増やす
テストステロン 増やす

ですから、自分の中でテストステロン(男性ホルモン)が減っている…とあまり感じた事がありませんが、同年代の男性を見ると「覇気がない」「やる気がない」みたいな男性が多いです。

これは明らかに「テストステロン(男性ホルモン)が足りてないな…」といつも感じています。

もちろん、バイアグラのように、飲んで即効性があるものはありませんが、日々の生活習慣やサプリメントで、テストステロン(男性ホルモン)を一枚一枚皮が重なっていくように体内で増やすことは十分に可能だと思います。

最近では、20代の若者でもテストステロン(男性ホルモン)が女性の閉経の感じで減っていって、精神的に不安定なケースも報告されているようです。

男性更年期障害(LOH症候群)を引き起こす

テストステロン(男性ホルモン)が体内で減るのは、男性更年期障害を引き起こすといわれています。

女性が閉経の時に女性ホルモンが急激になくなるために、ホットフラッシュ(発汗)や言いようのない不安等の症状が出て、それを更年期障害といいます。

「更年期」という定義自体、閉経が終わる「45~55歳」らしいですけど、今は時代も変わっているので、この更年期と言う定期自体が見直すべきではないか?などの風潮もあるそうです。

男性も、女性の更年期障害と同様、ストレスや食生活、暴飲暴食によって「閉経時と同様のレベルで急激に体内でテストステロン(男性ホルモン)が減る」ケースもあり、それが男性更年期障害(LOH症候群)と命名されています。

うつ病(鬱病)と同様の症状があるため、素人判断でうつ病(鬱病)なのか男性更年期障害(LOH症候群)なのか?の判断は難しいとは思います。

ペニスの悩みがある(中折れ、勃起不全、射精をしない、性欲がない)場合は、基本的にテストステロン(男性ホルモン)が体内で足りていないため男性更年期障害(LOH症候群)であることが多いようです。

ちなみに、精力剤やペニス増大サプリメントを飲むと、体内で男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンが増えていくため、男性更年期障害(LOH症候群)の予防にも効果的であると言われています。

男性更年期障害(LOH症候群)は、やる気がないとか勃ちが悪いとか、「年齢のせい」としてとらえるような症状が初期症状ですので、ほとんどの男性が自覚がないともいわれています。

  • 「歳だから最近アソコが元気ないんだよね」
  • 「歳だから若い時みたいに朝勃ちしなくなったんだよね」
  • 「仕事で疲れてるから家でダラダラするのが楽しいよね」

みたいな感じです。ほとんどの男性が経験があるのではないでしょうか?

体内でテストステロン(男性ホルモン)は増えませんので、食生活や運動、サプリメントの補給は絶対に必要だとボクは考えています。

メタボリックシンドローム|どんどんと太ってくる

先程書きましたが、テストステロン(男性ホルモン)のメリットとして「筋肉がつく」ことがあります。

ボクは筋トレもずっとやっているのですが、人間の体の中で「筋肉は最も無駄である」ことを知る必要があります。

筋肉はカロリーを沢山取るため、人間の生命維持のためには、筋肉よりも、脂肪で包まれたカラダの方が良いのです。

ですから、体内でテストステロン(男性ホルモン)が減ってくれば、筋肉はどんどん減り、「カロリーを使う材料(筋肉)がないので太る→結果脂肪がついてくる」という悪循環になります。

テストステロン(男性ホルモン)がない場合、基本的に「メスに好かれたい」等のオスの部分もなくなってくるため、それはイコールで「自分の外見」に繋がってきます。

例えば「モテたい」と思うのは、男性として「生殖器を使って子孫を繁栄したい」が根底にあるのです。

「太っても関係ない」→「セックスは興味はない」→「外見は別に気にしなくてもよい」→「筋肉は必要ないし、脂肪は重要である」

みたいな流れになります。

筋肉量の低下|男らしさの軽減

テストステロン(男性ホルモン)の役割が本当にわかれば、筋肉量の低下も先程と同じ理屈でわかると思います。

若い男性、オスとしての働きがある男性は、狩猟民族の時は「獲物を捕まえなければいけない」ために、絶対に筋肉が必要だったのです。

筋肉は、年々体重の1%ずつ減っていくと言われていますが、男性として存在価値がなくなっていけば、人間の脳ミソは「筋肉は余計なもの」だと判断して当然です。

何度も言っていますが、ダイエットやボディメイク、モテるためには筋肉が必要ですが、人間の脳ミソは「生きていくこと」が一番に考えるものです。ですので、筋肉は全く必要がない。

つまり、テストステロン(男性ホルモン)が下がってくる→オスとして何かをする必要がない→筋肉がなくなってくる。

このような流れになるのは当然だといえます。

ED(勃起障害、勃起不全)や朝勃ち、中折れなどの性的な問題点

テストステロン(男性ホルモン)は95%が睾丸で作られます。

そのテストステロン(男性ホルモン)の分泌が下がる=ペニスの色々な不具合が出てくるのは当然です。

例えば、僕達男性は朝勃ちを若い時は毎日してきましたが、年齢を重ねるごとに朝勃ちをしなくなってきます。

「若い時は毎日ギンギンだったのに」が、同級生の間では社交辞令のように語られることが多いです。朝勃ちをしているかしていないか?で、テストステロン(男性ホルモン)が減っているか増えているか?がわかります。

ちなみに僕は毎日ギンギンに朝勃ちしています。

テストステロン(男性ホルモン)がなくなってきたら、下半身の悩みがストレートに現れてきます。

  • セックスの時に中折れをしやすい
  • よほどの興奮がないとき以外は射精までしない
  • 朝勃ちをしなくなった
  • セックスの時にMAXでペニスが勃起しなくなった

このようなケースでは、テストステロン(男性ホルモン)が足りていない状態だといえます。

テストステロン(男性ホルモン)は何もしなければ体内で40代からどんどん下がってくる

先程も書きましたが、体内でテストステロン(男性ホルモン)が増えていくことはありません。

20代をピークに、どんどん減っていくのがテストステロン(男性ホルモン)です。ですので外的要因や食生活で増やしていくしか方法がありません。

中高年の男性がバイアグラなどを飲んでセックスをしているのですが、あれは抜本的な改善ではなく、ケミカルでその場しのぎに過ぎないのです。

もちろん僕もバイアグラジェネリックを使うことはありますが、基本的に毎日規則正しい食生活と筋トレ、さらにはサプリメントで栄養補給する。このような毎日の積み重ねしか体内でテストステロン(男性ホルモン)を増やす方法はありません。

テストステロン(男性ホルモン)は外的要因により分泌量が低下する

テストステロン(男性ホルモン)は外的要因によって分泌量が低下する、非常にナイーブな性ホルモンです。

例えば毎日満員電車に揺られて通勤したり、上司と部下に板挟みになってストレスを抱えたり、妻と子供と喧嘩したり…このようなストレスを抱えていると、テストステロン(男性ホルモン)はあっという間に減ります。

現に、今までは女性にしかないと言われていた更年期障害も、男性専門の名前になり男性更年期障害(LOH症候群)と呼ばれています。

20代をピークに分泌され、40代ではほぼ体内で生成されることがないテストステロン(男性ホルモン)が、ストレスや外的要因によってあっという間に減っていくのです。

ハゲ、薄毛とテストステロン(男性ホルモン)の関係性について

全く関係のない話かもしれませんが、僕がペニス増大や精力剤を飲むときによく聞いたのが「テストステロン(男性ホルモン)を体内で増やしたらハゲになる」という都市伝説です。

結論から言えば「全くのデマ」というのが科学的に証明されています。

長年の毛髪分野の研究によって、「血中のテストステロンの分泌量と髪の毛の薄さは関係ない」事がわかっています。

これは、理屈を考えるとわかります

体内でテストステロン(男性ホルモン)が薄着に影響するのであれば、「20代全員が薄毛」になってしまいます(笑)

薄毛の原因、AGAの原因は、『5α還元酵素の量』です。「5αリダクターゼでテストステロンが還元⇒ジヒドロテストステロン産生」このような流れで薄毛になっていくのが証明されています。

この『5α還元酵素の量』は、遺伝子要素が強いと言われています。薄毛やハゲが遺伝するのもこのような理由です。

この『5α還元酵素』が体内のテストステロンと結びつき、薄毛の原因のDHTという物質を作っているのです。

ちなみに僕は、7年以上もペニス増大サプリメントや精力剤を飲み続けていますが、髪の毛はフサフサで、白髪もほとんどありません(笑)

テストステロン(男性ホルモン)をサプリメントで増やすことは可能なのか?

むしろ、意図的に体内でテストステロンを増やそうと30代の中頃から考えた場合、食べ物で増やすことは現実的に不可能です。

ですので、テストステロンの増加の為にサプリメントを摂取して栄養を吸収するのが現実的になります。

テストステロン(男性ホルモン)の分泌を高めるために効果があると言われている成分は、

  • シトルリン
  • アルギニン
  • マカ
  • 亜鉛
  • ソフォン
  • 『トンカットアリ』
  • ミネラルビタミンなどが沢山入っている動物性材料(トナカイの角、コブラ、スッポンやマムシなど)

このようなものがあります。

シトルリンは、ペニス増大サプリメントや精力剤の主要成分となるのでご存知の方も多いと思います。

シトルリンの効果としては、

  • ペニスの勃起機能の改善
  • 集中力の強化
  • 血管を膨張させ血行を促す
  • 一酸化窒素(NO)の生成力の向上
  • 血管の詰まりを防ぐ
  • 尿の無毒化
  • 尿の排出

などがあり、海綿体組織でできているペニスの栄養には必要不可欠の「血管の拡張や血流の増加」の役目があります。

シトルリン(Citrulline)とはアミノ酸の一種で、尿素回路を構成する化合物のひとつである。1930年に日本でスイカの中から発見され、そのラテン語citrullusに因んで名づけられた。動物、特に哺乳類で広く存在する。化学式はC6H13N3O3IUPAC命名法では2-アミノ-5-(カルバモイルアミノ)ペンタン酸であり分子量は175.2g/mol。CAS登録番号は[372-75-8]である。

ウィキペディアより引用

シトルリンは、ペニス増大に直接効果があると思っている方が多いですが、体内で増えた男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンなどを体内に行き渡らせる効果の方が強いです。

結果的に「ペニス増大に必要不可欠な成分」等は違いありません。

アルギニンは、

  • 精子の約8割の材料と呼ばれているアミノ酸
  • 30代以降はほとんど体内で合成することができない
  • テストステロン(男性ホルモン)、エネルギーなどを生み出す
  • 精子の量が増える
  • ペニスの勃起の持続、ペニスの高度が上がる
  • 肉体的、健康的な体力アップに繋がる
  • 精子の量が増えるため、ペニスの感度、射精の気持ちよさが増す

などの効果があります。

亜鉛に関して言えば、タンパク質の合成に欠かせないミネラルの一種になります。

細胞の活動や抗酸化作用、免疫力の活性化などに効果があると言われています。

テストステロン(男性ホルモン)分泌の際に、細胞の活性化や抗酸化の働きは非常に重要なものと言われています。

アルギニンやシトルリンは同時に摂取した方が良い

アルギニンサプリやシトルリンサプリなど、栄養を単体で取る方がコスト的には良いですが、体のことを思えば同時接種の方が確実にそれぞれの成分の効果が期待できます。

このような部分を踏まえ、シトルリンやアルギニンを食品から摂取するのはほぼ不可能だといえます。

アルギニン、シトルリン同時接種のメリット

  1. シトルリン800mg単体で摂取
  2. アルギニン800mg単体で摂取
  3. シトルリン400mgとアルギニン400mgを同時摂取

した場合、3番が最も一酸化窒素(NO)濃度が高く、ついで「シトルリン単体」→「アルギニン単体」となったそうです。また、同時摂取のパターンは、それぞれの単体摂取の約1.5倍の開きがあったそうです。

食事では「テストステロン(男性ホルモン)が減らないような規則正しい食生活」を心がけ、サプリメントで「テストステロン(男性ホルモン)を増やすための栄養素」を摂取するのが効率の良いテストステロンの増やし方になります。

上記の栄養成分をたっぷり含んでいるサプリメントは、やはり精力剤サプリメントになると思います。

精力剤サプリメントが金額的に会わないようであれば、アルギニンやシトルリンが含まれているマカサプリメントがおすすめです。

下記のページには、私が実際に7年間飲んで体調が良いものをお勧めしていますので、シンプルに選ぶことができます。

亜鉛サプリやシトルリンサプリだけでは絶対に効果が薄いです。

亜鉛サプリの口コミ

サプリ初心者の主人。
今回マカと一緒に飲み続けてきましたが、、
服用1カ月あたりから胃みぞおち周辺がキリキリ差し込むイヤな痛みが毎日続くようになり、原因が分からないのでとりあえず副作用が出やすい亜鉛を飲むことをやめてみました。
翌日から腹痛も無くなり
亜鉛が主人には合わなかったのだと直ぐに気付くことが出来たので一安心しました。
半年分を購入してしまったので、今回はだいぶ勿体無いお買い物をしてしまいました(。-_-。)

楽天楽天の口コミ

 

カプセルだからマシだと思ってた私がバカでした
カプセル自体はそんなに臭くないですが袋の中は酷いです
更に問題なのは飲んだ後
何故かこのカプセルタイプを飲用するとゲップがでます
そのゲップは亜鉛の凝縮された匂いがして口の中が最悪になります
60日分あるので飲むには飲みますが次回からはディアナチュラに戻します・・・
因みにディアナチュラとの成分比較↓で分かるようにディアナチュラはセレンの量が少ないです
他にも蛋白質やらナトリウムが微量ながら摂れるのでディアナチュラの方がお勧めです・・・

ディアナチュラ
亜鉛:14mg
銅:0.6mg
セレン:23μg
当商品
亜鉛15mg
クロム60μg
セレン50μg

Amazon亜鉛サプリの口コミ

男性ホルモン(テストステロン)はどうすれば増えるのか?

結論から言ってしまえば、通常の食生活で十分な男性ホルモン(テストステロン)の分泌を期待するのは厳しいと思います。

やはりサプリメントがあるほうが効率が良いというのが僕の考えです。

また、テストステロン(男性ホルモン)は、逆に言えば「外的要因で減ったりキープする」ため、「テストステロン(男性ホルモン)を増やす方法」の前に「テストステロン(男性ホルモン)が減ってしまう理由」から潰していく方が先決だと思います。

例えばですが、勃起力を上げるために精力剤サプリメントを飲んでいる男性がいます。

サプリメントを高いお金を出して毎月買っているにもかかわらず、血管を縮めてしまうタバコをガンガン吸って、血液がドロドロになる油まみれの食生活…みたいな事をしていては、効率が悪いのはわかると思います。

30代後半からでも体内でテストステロン(男性ホルモン)が増える生活習慣と方法

30代から注意すべきライフスタイルなども踏まえながら、「少しでも体内でテストステロンが増える」行動をし、「極力テストステロンの減少を避ける」行動をしましょう。

テストステロン(男性ホルモン)の一番の大敵はストレス

まず一番初めに意識することは、テストステロンの減少にはストレスが非常に重要な役割を示しているということです。

ストレスはすべてにおいて大敵ですが、テストステロン(男性ホルモン)の分泌の関係性にも非常に重要な役割も持っています。

また、ストレスが直接的な影響だけではなく、

  • ストレスがたまる
  • イライラしてくるのでお酒を飲む
  • 深酒をして体を動かさない
  • 太る

みたいな間接的な悪影響も出てきます。

結果的に、すべての日常生活が「テストステロン(男性ホルモン)を減らしていく方向」になってしまいます。

お酒の飲みすぎ、食生活の乱れ、タバコの吸いすぎ、こういったものがすべて関係してきますが、それの最も重要なトリガーが「ストレス」になります。

ボクはタバコを止めて8年くらいになりますが、友人の多くはほとんど禁煙をすることができません。挑戦しているけど出来ません。

そのきっかけが「ストレス」なのは見ていてもわかります。タバコをせっかく止めていても、ストレスがかかることで「3ヶ月もやめたんだからこの一本ぐらいはいいだろう」みたいになる。そしてまた吸い続け。

テストステロンの一番の大敵はストレスです。そしてストレスは、すべての諸悪の根源で、テストステロンを減らす行動を引き起こしてしまいますので注意が必要です。

テストステロン(男性ホルモン)を増やすための生活習慣とは

「テストステロン(男性ホルモン)を増やすための生活習慣」について説明していきます。

食事で男性ホルモン(テストステロン)は増えるのか?

例えば牛肉を毎日食べたり、ステーキを毎日食べたりすることでテストステロン(男性ホルモン)が増えることはないでしょう。

しかし

  • 毎日ビールをたらふく飲んでいる
  • 毎日好きなもの沢山食べている
  • 脂っこいものが大好きである
  • 野菜は全く食べない

みたいな食生活をしていればテストステロン(男性ホルモン)は減っていきます。

そして「どうせ俺モテない」「もう年だから」みたいな諦めモードで「太ってもいいや」になってくるため、自分自身でオスとしての自分磨きをしなくなります。

ですので、食生活を適当にしていると「カロリーオーバーになり太る→太るので自分に自信がない→諦める→脳ミソがテストステロンの必要性を感じない」みたいな結果になります。

食生活でテストステロン(男性ホルモン)を増やすことはできませんが、簡単に減らすこともできるし、相乗効果(マイナス部分)が半端ないことも覚えておきましょう。

筋力をつけていく

僕達が「女らしさ」と想像すれば、胸やお尻を思い浮かぶように、男性らしさはやはり筋肉でしょう。

テストステロン(男性ホルモン)は筋肉を増やす効果があると言われていますが、卵が先か鶏が先かではありませんが、筋トレをすることでテストステロン(男性ホルモン)が必然的に増えていきます。

もちろん、筋トレをすれば、栄養素の勉強もしてくるため、鶏胸肉なども多く摂取するようになり、食生活がクリアになります。

カロリーオーバーにならないように、牛肉よりも鶏胸肉を好むようになり、鶏胸肉で補強できない部分はプロテイン(タンパク質)で摂取してカロリーも考える。このような食生活になります。

筋力をつけていくことは、筋肉がついてテストステロン(男性ホルモン)が増えるという部分ももちろん重要です。

先程の食事の件に繋がりますが、自分自身の食生活の管理、栄養の管理にも相乗効果(こちらはプラス部分)が生まれてきます。

筋トレの部分で言えば、重さを与えてあげることで脳ミソが「筋肉を落としてはいけない」と勘違いするので筋肉が大きくなります。

つまり、「こいつはいつまでも刺激がある生活だから、本当なら脂肪を増やしたいところだが、筋肉がないと生命維持が厳しそうだ…」と思う環境を作っていけばよいわけです。

それが筋トレになります。筋トレをし、肉をつければ、結果的にテストステロン(男性ホルモン)が増える環境になるわけですね。

綺麗な女性としゃべる|メスを意識することでオスの本能が出やすい

テストステロン(男性ホルモン)が体内で高ければ、必然的に女性が色目を使ってくる感覚がわかります。

ボクの場合は、ペニス増大や精力剤サプリメントなどを飲んでいるので、下半身の悩みを解決した「自信」が出ているので、なおさら感覚的にわかります。

そして、プラスの相乗効果が生まれて、綺麗な女性と沢山しゃべることで本能がテストステロンの分泌を促してくれます。

科学的根拠は全くわかりませんが(笑)、僕自身が経験値として体感していることです。

友達も「お前だけなんでそんなにモテるんだよ」と言いますが、やはり本能的な部分で「メス」が「オス」を感じているのではないかと思います。

もちろん、ホルモンレベルで有利になったとしても、それは本人同士も気づいていないことです。

テストステロン(男性ホルモン)と言うホルモンレベルで近づけることができても、あなた自身が「不潔」「ガキ」「常識がない」「話が面白くない」ではいけません。

綺麗な女性と沢山しゃべっていくことで男性ホルモン(テストステロン)が分泌されるのは、子孫繁栄の原理原則から考えても当たり前かなと思います。

禁欲生活を心がける

最近は「オナ禁」の効果とか情報も沢山ありますよね?

オナ禁自体はこれといった科学的根拠はなく、要するに「オナニーをして短期的な快感を得る俺ではなく、エネルギーを常に貯めているストイックな俺って格好いい」みたいな要素が結果的には良い効果を生む様です。

確かに、禁欲生活をすることで、自分自身にストイックになれます。

筋肉を鍛えたり、ペニス増大をするのも正しく「ストイック」な部分がなければできません。

禁欲生活を心がけてテストステロン(男性ホルモン)が急激に増えるわけではないし、科学的根拠は全くないですが、快楽主義に走ってしまうと、結果的にはモテない男になるのは頷けます。

  • 年齢のせいだからといって運動しない
  • 年齢のせいだからといって自分の外見を諦める
  • 若い時はできていたのにと言い訳を考える
  • やる気が全くない

これはすべて「モテたい」「もっと格好いい男でありたい」と言う「欲」を放棄した結果ともいえます。

尾崎豊の歌に「鉄を食え飢えた狼よ、死んでも豚には食いつくな」というセリフがあります。これはまさにオスの生き様とも言えるのではないでしょうか?

「禁欲=オナニーやセックス」ではなく、色々な意味での「欲」を我慢する精神状態こそ、一目置かれる男性になる秘訣だとも考えられます。

普段から男らしく振る舞う|オスの本能

もう、すべてが繋がってくる気がしますよね(笑)

男らしく振る舞う。

  • 女性には高圧的な態度は振るわない
  • 常にレディーファースト
  • 弱きを助け強きをくじく
  • 堂々と自分の意見を述べる
  • 自信がある人間だと常に自分自身を認識している
  • そうでありたい人間として人々にふるまっていく

これは、心理学やアファメーションなどを勉強している僕からすると、すべてのことにおいて繋がってきます。

オスの本能は「女性や家族、弱いものを守り、強いものに立ち向かっていく」だと思っています。

そのような普段の気持ちを持っていると、必然的にテストステロン(男性ホルモン)が分泌されやすい体になる。もちろん栄養を取り入れることが重要ですが。

お酒やタバコを控える

僕自身、30代の中頃にお酒をやめ、それと同時にタバコもやめました。

筋トレやボディメイクにはお酒は悪であり、ペニス増大をする人間にとっては、血流を抑えてしまうたばこは悪であり、お酒やタバコで満足される自分よりも、未来の自分を想像し、その未来の自分を邪魔するものだという認識で二つともやめました。

テストステロン(男性ホルモン)が気になっている男性は、何かしらの理由があると思います。

その理由が明確であればあるほど、お酒やタバコが体に悪いことも分かってくると思います。

お酒やタバコで自分の気持ちを満たす大きさと、未来の自分を手に入れたときの満足度はどちらが重要なのか?

この部分をしっかりと認識すれば、お酒やタバコをやめるのはそこまで厳しいものではないと思います。

栄養補給が一番重要です。

テストステロン(男性ホルモン)を増やす方法、テストステロン(男性ホルモン)を減らさない方法を述べてきましたが、上記をしっかりと認識した上で重要なのは「栄養をしっかり摂取する」ことです。

僕が50歳を目前にして、本当に30代後半とかに間違わられる理由は、ペニス増大サプリメントや精力剤を飲むことによって、長年体内の栄養バランスが良くなっているからだと思います。

精力剤は栄養補助食品であり、単発的な効果は全く期待できませんが、数年間ずっと服用することで、カラダ自体がどんどんと健康になっていくのは理屈でわかると思います。

人間は食べ物でしか細胞を作ることができません。食べ物は実際の固形物、サプリメントすべてのものを指します。

ペニスの勃起力が下がったり、男性としてやる気がない場合は、精力剤サプリメントが一番おすすめできます。

基本的にはペニス増大サプリメント、精力剤サプリメント、マカサプリメントなどの『活力』サプリは、「男性として」の栄養が含まれています。

アルギニンやシトルリンなど、或いは、オットセイなどにしても、男性の精力に効果があるものです多成分型(60種以上配合型)ペニス増大サプリメントにも入っているし、精力剤にも入っています。

しかし「精力剤」と「ペニス増大サプリメント」では、成分の比重が違います。

テストステロン(男性ホルモン)の分泌を高めるのであれば、やはりおすすめは精力剤だと思います。ペニス増大サプリメントの栄養は、ペニスを大きくするために特化している配合だからです。

テストステロンの分泌を上げるために効果的と言われている成分

先程も書きましたが、ソフォン(赤ガウクルア)、トンカットアリは、臨床実験をされている成分で「摂取することでテストステロンの生成量が一定量増える」と研究機関から発表されています。

もちろんですが、テストステロン(男性ホルモン)の分泌を高める、成長ホルモンの分泌を高めるためには、質の良いアミノ酸や、ミネラル、ビタミン、このようなものが必要になります。

そして、精力剤やペニス増大サプリメントには必ずと言っていいほど含まれる「動物性材料」などもテストステロン(男性ホルモン)を向上させる成分になります。マムシや鼈、コブラやトナカイの角などですね。

元気がないとか、具体的にはペニスの勃起障害…このような中高年の方は、精力剤サプリメントをまずは半年ほど

続けてみてはいかがでしょうか?

即効性があるものではないですが、テストステロンの増加には非常に有益な成分が含まれています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事