チントレの停滞期、ペニス増大サプリは意味がないという医者の意見【You Tube動画】

このページはYou Tubeチャンネルの動画の内容ページとなります。動画は下にスクロールすると見れます。
>>【ペニスの悩み】You Tubeチャンネルはコチラ
>>【ヤリチン養成所&心理学】サブYou Tubeチャンネルはコチラ
>>トップページへ戻る


概要|チントレやペニス増大サプリメントは本当に意味がないのか?についての動画の概要

マインドマップ要点
  • あるクリニックのホームページでペニス増大サプリ、チントレは意味がない、海綿体はホメオスタシスがあるのでデカくならない
  • 今のGoogle検索はアップデートの影響で病院やクリニックばかりのページが上位に来ている
  • 全てはポジショントーク・・クリニックや病院は、自宅でペニスをデカくされたら「おまんまの食いっぱぐれ」
  • 包茎については僕はクリニックを勧めています
  • 理由は自分が包茎手術をした、情報商材に書いているようなやり方では絶対に包茎は治らない、時間が勿体ない等の理由から
  • このように、ペニス増大や、ペニス増大サプリメントなどの検索キーワードのGoogle表示の上位は病院やクリニックで占められているため、病院やクリニックのポジショントークで物を語っていることを大前提で理解
  • 病院=チントレとかペニス増大サプリメントでペニスをデカくしてもらうと困る
  • チントレのデメリットを発信し、権威性から「効果がない」と思わせる
  • そして自分のクリニックの「ペニス長茎手術」などを紹介する
  • 悪いと言ってるわけではなく、それぞれのポジショントークで物が語られている
  • プラセボ効果→小麦粉でも信じれば病気が治る
  • チントレは効果がない、ペニス増大サプリメントは効果がない、チントレは幾らやってもリミッターがかかるのででかくならないと思っていた、脳ミソがそのように考えてしまう
  • 実際僕自身、11センチ→17cmになっている
  • 医者は小さいチンコを見ている数は多いかもしれないが、自分自身がチントレをしたのか?自分自身が増大サプリ等を試して一度でもデカくしたことがあるのか?
  • 実際僕自身のチントレ+増大サプリのペニスの変化は、医学的に考えて間違っているというのか?
    他のペニス増大に成功した男性なども含め、全て意味がない、副作用があると決めるほどの医学的な見解があるのか?
    チントレのミルキング、引っ張るトレーニング、PC筋やスクワットは効果がない
    チントレは効果がない理由
    海綿体は血流量で変化する→ペニスに流れ込む血流量がペニスの大きさを決める
    その際にグランセンサーがある
    グランセンサーは海綿体の周囲に存在し海綿体の膨らみを制限するセンサーの様なモノ
    海綿体組織が壁にぶつかりMaxまで大きくなれない
    スクワットは効果がない→これは賛成だけど、副産物的な効果はあると思っている
    チントレ=ペニスに直接の刺激、スクワット=足の筋肉
    筋肉が大きくなれば、その分血量が増える。ペニスに直接関係のない部分だが、足は大きな筋肉なので、そこの血量が増えていけば、当然ペニス増大サプリメントなどで摂取した栄養素を効率よくペニスや体内に運ぶことができる
    だから、ペニス増大はチントレ以外スクワットをするというのは理にかなっている
    仮にこれが医学的に証明されているとしても、筋肉も全く筋トレをしていない人間は絶対につく。
    仮にMaxが決まっていたとしても、その作業(チントレや増大サプリ)をやったことがない男性は、何かしらの変化があるのは当たり前
    ダーウィンの進化論の考え方→人間は順応性があるからこそ、今まで生き延びてこれた
    恐竜は温度に対応できないので絶滅した
    人間は日焼けもするし、メラニン色素の調整もする
    ペニスは靭帯で固定されているため埋もれているものは引き出すことが出来ない→これに関しては正論→靭帯を切るのがペニス長茎手術
    チントレのデメリット
    ペニスが曲がる、勃起不全になる
    オナニーで右回り左回りなどもあるので、一概に言っていることも正しいがペニスを曲がるくらいに自分自身でリミッターを外してチントレすることなどは不可能
    机上の空論で、医学的見解の立場で語っているだけ
    右回りになる、挿入のときに不自然になるくらい曲がるくらいの力を入れてチントレなどできない
    勃起不全になるほど力を入れてチントレなどしないしできない
    チントレをすると包茎の悪化
    仮性包茎なら可能性はあるかも。ただ、ペニスの皮を伸ばすためにチントレをしているわけではないので、正しいやり方をすればこの様な事にはならない

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事