こんにちはタッちゃんです。いつもお読み頂き感謝です^^自宅でペニスをデカくしたいと考えている男性は、できるだけ安く済ませたいと思っているはずです。

実際僕もその様に思ってペニス増大を試してみて、いざやってみると、お金がかかるものだというのを気づきました。

タッちゃん

夢も希望も無いかも知れませんが、「チントレだけしてればデカくなるからタダで出来るぜ!」と思うのは間違っています。

筋肉と同様、デカくなるにはトレーニング以上に「栄養」と「休息」が大事。

ペニス増大の為に必要な「栄養」は、通常の食事で全てまかなえませんので、サプリは必須です。

ただ、ずっとコンプレックスだった短小包茎(包茎は解決済み 笑)を治せるのですから、実際にお金の部分だけで考えて辞めるのか?と言えば、決してそうではないと思います。

お金がないのにベンツが欲しいと思っているのと同様、ペニスをデカくしたいのであれば、実際最低限でどれくらいの金額がかかるのか?についてまずしっかり知っておくほうが良いと思います。

タッちゃん
思ってもない様な未来が待ってます!!
飲み代を節約するだけでもペニス増大が出来ますよ^^

どれくらいかかるのか?具体的に知る事から始めてみてください。

基礎知識|ペニス増大サプリメントの仕組み

まず最低限知っておくべき事は、ペニス増大サプリメントと言うのは、まとめて買えば買うほど一箱の金額が安くなるという事。

ですので、自分でペニスをデカくしようと決めたのであれば、1ヶ月1ヶ月ちょこちょこ買うよりも、3ヶ月分購入する方がコスト的に言えば1万円以上の割引になります。

タッちゃん

人間のターンオーバーについて説明しましたが、人間の体がサプリメントを飲んですぐ変わるわけではありません。最低でも3ヶ月~半年はかかるのですから、どちらにしろペニスがある程度のサイズになるまでは栄養を補助する必要があります。

例えば僕が使っていたヴィトックスαエクストラエディションは、3箱(一箱おまけ付きで計4箱)34,560円となり、一箱ずつ購入するよりも24,840円も安くなります。

男性ホルモンや成長ホルモンの分泌は、中年男性にペニス増大以上の効果があります。僕は1日に飲む摂取量は落としていますが、増大後も飲み続けています。

案外この基本的な事を知らない男性が多く、安く済ませろうと思い、結局安物買いの銭失い状態になっています。

タッちゃんが行ったペニス増大の方法と金額

僕は自宅でペニス増大サプリメントを飲み、チントレをしました。

正直チントレを行うにあたり、色々と無料動画を見ましたが、どれも全て繋がっていないイメージがして、結局僕は有料商材を購入しました。

時間の短縮を考えて、効率よくペニス増大をしたかったからです。

ですから一番初めにペニス増大を取り組もうと思い、かかった金額は、

  • ペニス増大サプリメント毎月約1万円
  • 有料商材1万4000円(木村式ペニス増大法→2018年3月で販売停止)

となります。

タッちゃん

今、巷にあるペニス増大のチントレ商材は全てロクなモノはないです。木村式ペニスが良かったですね。それ以外はホントにヒドいです(笑)

ですから、販売停止を受けて、当サイトでは木村式ペニスを自分で更にアレンジして体現化して紹介していますので、チントレ商材は購入する必要はないです。

 

僕の場合は、ペニス増大サプリメントは毎月買うと勿体ないし、ターンオーバーについても知っていたので、最初はリゼノールを購入しました(2009年より販売がしていた、伝説の多成分ペニスサプリ。今は販売停止。更に成分を増やしているヴィトックスαエクストラエディションがある)

ペニスの大きさをどのくらいにしたいのか?によって変わってきますが、2センチデカくしたいと思うのであれば、だいたい半年ぐらいの期間がかかると思います。

まとめ買いをする事をお勧めします。

ペニスをデカくする為にはチントレが必須

筋肉が大きくなるのは、筋トレをすることで、人間の脳みそが実際に「このカラダには筋肉が必要である」と思うからです。筋トレで仮想の敵を作り、脳ミソに錯覚させることで、筋トレによって破壊された筋繊維は、次はもっと太くなろうとします。

ペニスも同様で、脳ミソが「ペニスをデカくしなければいけない」と思わなければダメです。

チントレによって海綿体組織の毛細血管を破壊する事。これがチントレの役割です。

栄養をペニスに集中して与える為にも、そして脳ミソに錯覚させる為にも、チントレは絶対に必要不可欠な要素になります。

タッちゃん
第二次性徴期でも、成長ホルモンや男性ホルモンがペニスの増大や形つくり(包茎→むき出し)に使うのは数%だと言われています。

僕は有料商材を購入しました(1万4000円)。しかし2018年3月にその商材は販売停止になり、巷の有料商材で勧められるモノはゼロです。ですから、当サイトで、チントレについては1から詳しく説明しています。

チントレは基本条件であり、そのチントレにいって栄養を与える為にはペニス増大サプリメントは必須です。せっかくチントレで壊した毛細血管も、再生する時に十分な栄養がなければ意味がないのです。

ペニス増大サプリはいらないのか?

ペニス増大サプリメントは必須だと思います。

筋肥大をさせる場合、通常の食事も合わせて、体重の約2倍~3倍のタンパク質が必要だといわれています。体重の2倍のたんぱく質を食事から摂取する事はほぼ不可能。可能であってもカロリーオーバーになりますので、どんどん太っていきます。

たんぱく質というのは、家で言えば材料になりますので、材料がなければ筋肉が育ちません。ですので、食事から摂取出来ない代わりに、タンパク質の塊のプロテインを摂取するのです。

未だに勘違いしている人が多いですが、プロテインというのは英語で「タンパク質」と言うだけであり、飲むだけで筋肉がデカくなるとか、マッチョだけ飲むとか錯覚します(笑)筋肉に必要な栄養がタンパク質で、その英語の読み方が「プロテイン」というだけです。

ペニスをデカくする場合、チントレで海綿体組織を破壊する作業をするのですが、その際修復のために、栄養を摂取する必要があります。

海綿体組織は毛細血管の集まりです。血流促進をする為の栄養で代表的なモノといえばシトルリンになりますが、シトルリン等は、食事から目標量を摂取する事はほぼ不可能です。

また、ペニスをデカくする為の性ホルモンである男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンは、第2次性徴期を境に体内で生成されることはほぼ無いとされています。(25歳がマックスと言われています)生活習慣によっては、極端に性ホルモンが減っていき、男性更年期障害と呼ばれる症状になる男性もいるそうです。

当サイトで推奨するペニス増大サプリメントは、多成分型(60種以上配合型)ペニス増大サプリメントと呼ばれるものなのですが、体内で男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンの分泌を促す為の栄養、GHリリーザーをふんだんに含んでいます。

当サイトでは何度も述べていますが、色々な情報を処理するのは脳ミソで、第2次性徴期に於いても、男性ホルモン(テストステロン)はペニスにはたった数%しか使われません。

基本的にはペニスのサイズが「デカい」とか「小さい」というのは、人間の主観であり、脳ミソ的に言えば「十分すぎる大人になっている」と判断している為、栄養は今のままではペニスには伝わりません。

海綿体を破壊するチントレは必須で、そしてその破壊されたものを再生する際、シッカリと栄養補給する必要があります。

ですからペニス増大サプリメントは必ず必要となります。

ペニス増大サプリの最低限の出費は幾らか?

正直言えば単成分型(シトルリン)ペニス増大サプリメントであれば、値段は安くあります。

しかしシトルリンは血行促進をする為だけであり、ペニス増大を考えた時はあまりお勧めしないペニス増大サプリメントの種類です。

ペニスをデカくする成分が沢山含まれている多成分型(60種以上配合型)ペニス増大サプリメントの場合、まとめ買いをしても最低限1万1000円くらいはかかるかなと思います。

成分が多く含まれていると言う部分もありますし、成分配合技術もすぐれている為、値段が安くはありません。とは言え、シトルリンをメインに配合している様なペニス増大サプリメントは、正直あまりお勧めしたくありません。

もちろん、多成分サプリにもシトルリンやアルギニンはタップリと配合されています。

そう考えると、お金がない男性で出来るだけ安くペニス増大をしたいという条件であれば、濃度凝縮型ペニス増大サプリメントが最適だと思います。

濃度凝縮型ペニス増大サプリメントとは、ペニスをデカくする為に重要な成分を凝縮して配合している、2016年とかぐらいから販売されているペニス増大サプリメントです。

濃度凝縮型ペニス増大サプリメントは僕も飲んでみたことがありますが、効果としてはお勧め出来るものです。

タッちゃん

値段は1ヶ月60粒で8200円です。シトルリン型のペニス増大サプリメントと比べるとどうしても高くなりますが、安さと効果を考えると、これが一番適していると思います。

3本まとめ買いしたら一本がおまけでついてきます。有効成分凝縮型ですので、勧めている多成分ペニスサプリメントよりも成分は濃度が高く配合されています。

 

僕がお勧めしているペニス増大サプリメントは基本的には国内製が多いのですが、このサプリの場合、生産が米国になっています。アメリカで爆発的に売れているそうです。

タッちゃん

訴訟王国のアメリカにおいて、サプリメントの成分チェックはメーカーにとっては死活問題です。

更にアメリカはフィットネスが盛んですので、効果がなければ安くても売れません。アメリカで売れていると言うのは、逆に言えばステータスです。

 

以上を踏まえた上で、ペニス増大サプリメントで効果のあるものを購入しようと思った場合、最低でも、月で9000円~の出費を見ておくと良いでしょう。

ペニス増大サプリメントはまとめ買いが値段が安くなっていきます。

ターンオーバーを考えて、3ヶ月は継続する必要がある

人間の体はターンオーバーと呼ばれる周期に基づいて、組織の再生を繰り返しています。

スグに変化しない理由|肌のターンオーバーについて
僕達の細胞は、約28日を周期として入れ替わっていて、このサイクルを肌のターンオーバーといいいます。加齢とともにターンオーバーは落ち、40代では40日以上かかると言われています。 この様なターンオーバーを繰り返し、11ヶ月かけると「人間の体は生まれ変わる」と言われています。
精力剤サプリメントにしても、どんなサプリメントにしても、「体に浸透→ターンオーバー→良い環境で細胞の破壊と再生を繰り返す」ため、目に見えた変化はなかなか感じることはできませんが、確実に変わっているのです。 この部分を腑に落とすことができれば、サプリメントですぐに諦めたりすることは少なくなってきます。
筋トレにしても同様です。 「僕達の体はすぐには変わらない」のです。 数カ月かけて細胞の入れ替わりを行う為、急激に効果が出る事はありません。 また、ペニスは大きくなっても2~5センチなので、毎日観ているとほぼ変化が感じられません。
しかし、過去を振り返ると大きさ、太さの変化が分かります。気長にしっかりと取り組む事が大事です。

周期は21日から1ヶ月かけて行われると言われ、有効成分を摂取した後、1ヶ月かけて徐々に効果が現れだすと思ってもらって良いでしょう。そのちょっとした変化を繰り返しながら、体が変わっていきます。

ペニス増大サプリメントが効果がないと言っている男性の多くは、ターンオーバーの性質を理解出来なくて、我慢出来ず途中でやめるケースです。

ペニス増大サプリメントがまとめ買いが安い理由もここにあります。体の性質上、効果が現れるまで時間がかかる事を知っているからです。

メーカー側としては、ペニスをデカくする事は可能であるが、最低でも3ヶ月以上は継続しなければ、人間のターンオーバーという特性上、期待できる変化はないという気持ちがあるのです。

先程も言った様に、ペニス増大サプリメントはまとめ買いであれば値段が安くなります。

タッちゃん

色々なペニス増大サプリメントを数ヶ月おきに1個とか買うやり方ではなく、まとめて3箱から5箱購入する事をお勧めします。値段も安くなりますし、おまけの1個とかも付いてきます。

いずれにしてもペニスをデカくする為には数ヶ月は最低限かかります。長期スパンで考えた場合、絶対にまとめ買いをすべきです。

決済の面倒くささなどもまとめ買いだと繰り返す必要が減りますよ^^

 

ターンオーバー、人間のカラダの特性上、変化が出るまで時間がかかるのが仕方がないのを理解すれば、長期スパンで取り組めるはずです。

結論|ペニスを2センチ程デカくする為にどれくらいのコストがかかるのか?

ペニス増大のシンプルな仕組みは、

  • まずチントレを行い、海綿体の毛細血管を破壊する←【ここがスタート】
  • 壊れた海綿体は超回復という体の仕組みから、次はもっと強く(前回の負荷でも壊れない様に)なろうとする
  • ペニスが傷ついているので、脳ミソが「優先的に」回復させる為に栄養を多くペニスで使おうとする
  • ペニス増大サプリを摂取する事で、再生に必要な栄養素が足りている状態を作っているから海綿体組織へ染み込んでいく
  • 多成分ペニス増大サプリメントは、「ペニスを大きくする直接的な成分」の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを体内で増やすGHリリーザ成分も含んでいる
  • ペニス増大サプリメントは血流促進の有効成分も沢山あるので、血流が増え栄養も運ばれやすいし、勃起も凄くなる

です。

コレを見ると「チントレ」がスタートで、そしてペニス増大サプリ(厳密に言えば多成分型配合)も必須と分かるはずです。

筋トレの場合、筋肉を作るタンパク質の目標量を食事で摂取する事ができません。厳密に言えば、タンパク質を目標量摂取する場合、カロリーオーバーになり、太ってしまうのです。ペニス増大も同様です。サプリの意味はソコにあります。

ペニス増大サプリメントの種類は3種類というのは説明しましたが、出来れば多成分型(60種以上配合型)ペニス増大サプリメントが良いのですが、お金がない場合、9000円くらいで購入出来る濃度凝縮型ペニス増大サプリメントが良いでしょう。

結論としては、ペニスをデカくする為には、最低限9000円ほどの出費がかかると言う事りなります。

2センチデカくすると仮定した場合、僕の経験論から言えば、最低でも3ヶ月はかかると思います。3ヶ月で2cmというのはかなり優秀かもしれません。

毎日数ミリの成長ですので、一番最初の2ヶ月くらいは分からないかもしれません。

しかし、続けていけば必ず大きくなりますので続けていきましょう。

タッちゃん
無料で済ませたい気持ちはわかります。
でも最低限9000円くらいの出費はみておきましょう。半年間続けるのであれば、大体5万4000円くらいですね。ペニスが一旦デカくなれば、急激に元のサイズに戻ることはありません。

継続していくのであれば、ペースを1ヶ月飲んでいたのかな3ヶ月で飲むというふうにすれば大丈夫。しかし一番最初は、集中してトレーニングをしたほうが良いと思います。

 

増大手術のコストを考えた場合、ペニス増大サプリメントの費用だけでペニスをデカくする事が出来るので、これを高いと思うのではなくてペニスをデカくするにはこれくらいかかるんだと腑に落とす気持ちが大事です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事