タッちゃんです。

包茎手術を考えている男性は多いです。意外に30代を過ぎて包茎手術をする方も多いようです。

ボクは28歳の時に上野クリニックで包茎手術をしました。

ボクはカントン包茎でしたので、絶対に包茎手術をしなくてはいけませんでした。今日はカントン包茎の男性に向けて、「カントン包茎とは何」から書いてみたいと思います。

実際に僕自身がカントン包茎で包茎手術までした経験者ですので、わかりやすいと思います。

カントン包茎は手術が必須|管理人はカントン包茎でした

ボク自身は28歳の時にカントン包茎手術をしました。

25歳で長男が誕生したのですが、それまでは「嫁純情」でしたので、包茎についての知識がありませんでした。

セックスの普通にしていたため、これと言って注意されることもなかったのでそのまま放置して過ごしてきました。しかし子供が出来て、お風呂に入る機会が増える為、これはごまかすのがきついな…と思って包茎手術をしました(笑)

上記の図のように、カントン包茎は「亀頭の最大の直径の大きさ」よりも「先端部分の皮」が小さい状態です。

ですから、無理やりに亀頭をむき出しにすると、しばらくするとうっ血した状態になります。

上記の様に、ゴムでキツキツにきびると、血がうっ血するのと同じ理由で、物理的に直径の大きさが小さい為に、非常に危険な状態になります。

ですので、カントン包茎は絶対に手術が必要になります。ずっと包茎のままでも大丈夫、という男性であれば問題はありませんが…その様な男性はいないと思います。

カントン包茎とは?|無理やりに剥くと非常に危険

直径の理屈で考えた場合、カントン包茎を強引に剥くと非常に危険になります。

血がうっ血して、最悪の場合は亀頭が壊死する可能性もあるようです。

僕も何度か亀頭を露出した事がありますが、亀頭がどんどん紫になってきた為、怖くて元に戻しました。元に戻ればいいですが、最悪の場合は、亀頭が元に戻らない状態になります。

緊急で病院に行くのは非常に恥ずかしいので、「病院に行くのは恥ずかしいから何としてでも自力で亀頭を出すぞ!」と言う無謀な考えはやめておいた方が良いです。

包茎手術は恥ずかしいのか?|クリニックでの対応について

僕の場合は、もう20年位前ですので、今ほどプライベート保護の面に関してもナーバスではありませんでしたが、包茎手術の電話相談から予約まで全く恥ずかしい事はありませんでした。

電話クリニック相談では、男性の方が相談にのってくれました。

予約も「○○日の何時」と言う完全予約ですので、誰かと鉢合わせする事もありません。また看護婦さんと顔を合わせるような事もありません。

歯医者さんの様に、病院に入るとオープンな環境で「何人かの受け付けの女の人がいる」事はないので安心していいと思います。

僕の時代で(20年前)その様な感じでしたので、今はもっといい状態になっていると思います。

タッちゃん

包茎の場合、コンプレックスなので、病院に行くと「さらし者」的なヒソヒソばなし…みたいなイメージがありますよね(笑)

でもそれは先入観ですので全く気にしなくて良いです。

更に、僕の場合は

  • カントン包茎手術
  • 亀頭増大法(シリコン注入)

    の2つを行いました。

    確か当時、「タッちゃんさんはカントン包茎で亀頭が小さい状態だから、包茎手術をしても亀頭が成長していないから、見た目的にシリコンを入れた方が良いよ」みたいな感じでドクターにその場で言われました。

    値段は幾らかを聞いたとき、包茎手術と一緒であれば安くなると言われ、はっきりとは覚えていないのですが「そのくらいなら、ついでにしてもらおう」と思い、やってもらいました。

    記憶があやふやなのですが、「シリコン注入の亀頭増大」は事前予約ではなかったと思います。

    「皮を切ったついでにやっときましょう」位の感じで受けた様な気がします(笑)

    話は反れましたが、基本的にペニス増大手術にしても、包茎手術を受けるにしても「看護婦さんや、受け付けの人に見られる」事は殆ど有りません。

    もし気になるような方は、事前に問い合わせをされてみると良いでしょう。

    「カントン包茎手術でお待ちの○○様~~」みたいな事は間違いでもありませんので気にしなくても良いです(笑)

    包茎手術の痛みについて|痛みはある程度あります

    包茎手術自体は、非常に簡単やすく、おそらく1時間もかからずに終わったと思います。

    問診も合わせて、トータルで2時間もいたかな?位のイメージでした。というのも、当時僕は働いていたのですが、手術の当日「痛みがあったら怖い」と思って、休みを取っていたのです。

    しかし、包茎手術が終わって2時間ぐらい経って全く痛みがなかった(パンツが擦れる痛みはあったけど、我慢出来る痛みだった)ので仕事をしました。

    ですから、手術による痛みは全くありませんでした。

    包茎手術を始める前に、亀頭に麻酔注射を打つのですが、「この注射を亀頭に打ちます」と言われて見せてもらった注射が、「こんなに細いんだ!」と思ったの覚えています。

    注射が亀頭にのめり込む感覚は、腰が引ける痛みがありましたが、我慢出来ない様な痛みではなかったです。

    おそらく、亀頭周りに4ヶ所位は麻酔注射をした記憶があります。虫歯のときに麻酔を打つ感じです。しばらくすると全く痛みがなくなります。

    包茎手術で痛みがあるというのは、次の日の朝勃ちの時の亀頭の腫れ、皮の突っ張りの痛さです。

    ペニスの勃起は、亀頭が膨らむ状態ですので、平常時で皮を縫合する為ペニスが勃起した時は物理的に物体の容量が伸びる、増える事で痛みがあるんだと思います。

    この朝勃ちの勃起のみが本当に辛かったです。

    しかし、3日目ぐらいに「ペニスが勃起する瞬間に、目元を思いっきりぐっと抑えることで痛みがなくなる」事を知りました。

    男性は自分の予想が付かない時にペニスの勃起が起こることがありますが、カントン包茎の手術を終わったばかりの時は、根元をしっかりと押さえてください。

    包茎手術の痛みは、ペニスの勃起の時だけでしたので、根元を押さえる方法を覚えるとかなり変わってきます。

    ペニス長茎術等の手術の場合は、ペニスの靭帯を切る為痛みなども多少は変わってくると思います。しかし亀頭にシリコンを注入したり、皮を切ることは痛み的にはそこまで酷くない印象です。

    勃起した時の痛みはやはり最初はビックリするくらいですので、勃起しそうになった、勃起して痛みが出た時は根元をしっかりと力強く押さえてください

    包茎の種類で手術をするべきかしないで良いのかが決まる

    包茎手術と言っても、基本的にはあなたの包茎の種類によって「手術をするかどうか?」が決まります。

    やらなくて良いものは、極力やらないほうが有利です。外科的な何かの作用をペニスにするのは、一番最終手段で良いと思います。

    外科的手術が必要なのは真性包茎とカントン包茎と重度の仮性包茎

    外科的手術が必要な包茎手術は、「真性包茎」と「カントン包茎」です。

    真性包茎とカントン包茎の場合、自分でペニスの皮を強引に剥いたりすれば、亀頭がうっ血したり壊死する可能性があるので絶対にやらない様にしてください。

    包茎手術の金額について

    僕の場合、おそらく40万はいかなかったくらいのローンだったと思います。

    20年も前の事なので覚えていないので申しわけないのですが。包茎手術だけであれば20万円以内で収めることが出来るでしょう。

    ABCクリニックは「クイック手術」等もあります。3万~包茎手術も出来ますね。

    包茎

    真性包茎とカントン包茎は保険は効くのか?

    真性包茎とカントン包茎は病気として考えられていますので、「保険対象」になります。

    しかし、それは「通常の病院」に限ってです。

    包茎手術を「専門的に」行っているクリニックは、基本的に保険はききません。

    僕の場合の「カントン包茎手術+ペニス増大(シリコン)」も保険なしで40万円以内…という感じでした。(もしかしたら30万円以内だったかもしれません^^;)

    包茎手術を「クリニック」でしてもらうメリットとデメリット

    包茎手術をクリックでしてもらうデメリット、メリットは、

    包茎手術をクリニックでしてもらうデメリットとメリット
    【包茎手術のデメリット】
    • (どんな病気や、病院でも共通するが)お医者さんそれぞれのスキルによって出来上がりが変化する(有名なクリニックは最低限のクオリティーが出来るDr.)
    • 値段だけに注目してしまうと、出来上がりの失敗の可能性も高く、病院選びが必要
      保険がきかない

    【包茎手術のメリット】

    • 一日数本の「悩めるペニス」を診察している可能性が非常に高い専門のお医者さんにしてもらう安心(餅は餅屋)
    • プライベートが完全に守られているため「恥ずかしい思い」が極力ゼロに近い状態
    • 基本的に「ドクター1人」が手術をしてくれる為、「自分のペニス」をさらし者にされる事はない
    • 「包茎手術でお待ちの○○さぁ~~ん」と受け付けの女性に呼ばれることもない(笑)

    こんな感じです。

    例えば、脳の病気を診てもらおう!!と思えば、地元で「総合病院」よりも「○○脳外科」に行くと思います。

    「保険がきくから!」の理由だけで「クリニックの選択肢を外す」のは、経験者の僕からしたら考えられません。ちゃんとしたクリニックで包茎手術をする事をお薦めします。

    やはり、包茎手術をしたい男性は「恥ずかしさ」との戦いだと思います。僕もそうでしたので。

    「プライベート完全保護」と「出来上がり」の部分で言えば、専門のクリニック、包茎手術をかなりの数をやって実績を作っているクリニックで包茎手術は「プライスレス」な価値があります。

    包茎手術を「通常の病院」でしてもらうメリットとデメリット

    真性包茎やカントン包茎は「保険適用」がされる為、地元の病院で手術をする場合、その病院が包茎手術をしてくれていれば「保険がある状態で包茎手術」が出来ます。

    10万円の包茎手術であれば、3万円台で出来ると言う事です。ABCクリニック等は、包茎手術の種類によっては3万円くらいで出来ますし、上野クリニックも、金額的に言えば僕が包茎手術をした時代よりもかなり安いです。

    「お医者さんの技術」「金額」で、昔と比べかなりの進化を遂げている包茎手術クリニックの現状です。

    ですから、保険が利くからといって通常の病院に行くメリットは考えられないのですが…それでも、病院で保険も利かせたいと思うの男性もいるかもしれません。

    通常の病院がどの病院を指すのかは分かりませんが、「包茎手術」をするのであれば「○○泌尿器科」的な病院で良いでしょう。総合病院でも大丈夫ですが、

    1. あなた「包茎手術をしたいのですが…」
    2. 受け付けの人「少々お待ちください・・・電話内線」
    3. 受け付けの人「お待たせしました。4回の○○に行ってください」
    4. あなた「すみません、包茎手術を、、、」

      この様な流れになるかもしれません(笑)恥ずかしいです。生き地獄です^^;

      メリットは

      • 保険が利く
      • 名医に当たれば「クリニック並み」の出来上がりが期待出来る

      です。デメリットは

      • 地元なので「知り合いの看護婦やドクター」がいないとも限らない
      • 基本的には「包茎手術専門」のドクターはいないと思うので、出来上がりが不安
      • 包茎手術以外の色々な患者さんがいるため、クリニックの様に「プライバシー」に対して力を入れていない可能性が高い
      • 「包茎手術でお待ちの○○様~~」も無きにしもあらず(笑)

      この様な感じです。

      カントン包茎と真性包茎は保険が利く病気ですが、「プライスレス」な部分を考えれば、「有名なクリニック1択」です。

      私が色々な情報を収集した限りでは、

      上野クリニック
      ABCクリニック

      上野クリニック

      体験者様の生の声

      をお薦めします。

      ペニス増大を考えているのであれば、カントン包茎を治すのがお薦め

      ペニスをデカくしたい男性は、真性包茎とカントン包茎は早急に包茎手術で治療する選択が良いと思います。

      • 真性包茎・・亀頭がデカくなっても皮は剥けない
      • カントン包茎・・亀頭がデカくなれば「うっ血」が酷くなる可能性が高い

      ですので、「ペニスデカくしたからどうなる」という話ではないのです。

      亀頭が露出していないペニスが幾らデカくなって、「子供のペニスがデカくなっただけ」ですので本当に意味がありません。

      例えば、肉体改造で例えると、ダイエットをするのは「格好いいカラダ」「格好いい見た目」になりたいからだと思います。

      運動もせずに、単純に食べ物でダイエットをしても、「老人の様に痩せる」だけであり、「体重はグラム単位で減った」けど「格好いい体になれたのか?」で言えばnoになります。

      恥ずかしさや不安はあると思います。しかし、誰でもその様な悩みは持っています。飛び込んでみて格好いいペニスになった後、ペニス増大に取り組めばよいでしょう。

      包茎手術のついでに亀頭増大もする事をお薦めします

      僕のように、包茎手術のついでにペニス増大をする事をお薦めします。

      事前の相談で、この辺りの金額も聞いておくとよいでしょう。僕の場合は確か行き当たりばったりで決めたので…(笑)

      痛みや難しさは、

      • カントン包茎手術を単独でした時
      • カントン包茎手術+シリコンなどの亀頭増大

      では全く変わらないでしょう。

      金額の部分で違いは出てきますが、「ついで感覚」でせっかくなのでした方が良いです

      「亀頭が露出する」だけで、ペニスの見た目が見違えるほどになります。人間は「欲」が出てきます。「シリコンをしてもらえばよかった…」と必ず思うはずです(笑)

      例えば、上野クリニックの場合「シリコン注射1本12万円から」です。

      ローンを組むとこの12万円がプラスになりますが、この12万円は「プライスレス」の価値だと思います^^

      僕もカントン包茎の手術だけでよかったのですか、「亀頭にシリコンをいれた方が絶対にかっこよく見えるよ」と言われて即決してシリコン注射もプラスにしました。

      今でも、あのアドバイスをくれたドクターには本当に感謝をしています。

      何の努力もせずに、いきなりペニス増大を外科的なモノでする方法はお薦めしませんが、「必ずやらなくてはダメな真性包茎とカントン包茎手術」のついでに、シリコン注射をする事が絶対にお勧めです。

      仮性包茎の場合はペニス増大で完治する可能性も十分にある

      割と程度が悪い仮性包茎の場合でも、

       チントレをして亀頭はデカくなってきたら自然と皮が戻らなくなった

      ペニス増大サプリメントでチントレをしていたら自然と亀頭がデカくなって皮がストップしてくれた

      相対的なサイズが上がった為、皮とペニスの容量が合ったか分からないけど皮カムリ状態を打破出来た

       

      この様な口コミや体験、経験もあります。

      仮性包茎の男性に限り、まず先にペニス増大やチントレを行ってペニスをデカくする事に取り組めば良い結果が出るかもしれません。

      カントン包茎手術のまとめ

      いかがでしたか?カントン包茎は手術が絶対に必要です。

      真性包茎やカントン包茎は、無理やりに皮をむくと亀頭が壊死する可能性が非常に高い為素人判断でやらない様にしましょう。

      たまに、「ペニスの先の皮を器具で伸ばし首長族の要領で亀頭の直径よりもデカくして包茎を治す」等の広告も見ますが、個人的にはお薦めしません。

      「リスク」と「時間的な効率」を考えた場合、その様な器具で治すことのメリットがあまり分かりません。

      何よりも、素人が勝手にその様な判断をするのは危険です。

      カントン包茎の場合は、適したクリニックで一日も早く手術をする事をお薦めします。

      上野クリニック

      体験者様の生の声

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事