タッちゃん

「ペニスが萎える…中折れしてしまう…そもそもセックスをしたいとは思わない…」

同窓会や友達と飲んでいると、社交辞令のようにこのような言葉が飛び交っています(笑)

もちろん友達には僕の下半身活動は内緒ですが…^^;

でも、30代中頃からでも「ペニスが萎える」「中折れしてしまう」「射精できない」等の悩みを持っている人は多いと思いますので、経験から改善策について書いてみたいと思います。

Contents

なぜED(勃起障害、勃起不全)になるのか?ペニスが萎える原因

ペニスが萎えると悩んでいる男性は、セックスをする時には勃起をしていると思います。

勃起をしている途中で、何らかの原因でペニスが元気なくなる。

実はこれもED(勃起障害、勃起不全)の種類になります。

まず、ペニスが萎える原因や、解決策を知る前に、なぜED(勃起障害、勃起不全)になるのか?について知っておくと仕組みが分かって良いと思います。

まず、前提条件として、ED(勃起障害、勃起不全)の原因は「体内のテストステロン(男性ホルモン)と成長ホルモンの減少」が主なものと言われています。もちろん、これに様々な要因が重なっていきます。

EDは、「Erectile Dysfunction」の略で、勃起不全とか勃起障害と呼ばれています。

ペニスが萎える、セックスの途中に中折れすることも、厳密に言えばED(勃起障害、勃起不全)になります。

ED(勃起障害、勃起不全)の定義は「満足な性交渉を行うために、十分なペニスの勃起ができていない、またはペニスの勃起の持続ができない」ですので、中折れや射精をしないことも、ざっくりと含めてED(勃起障害、勃起不全)の種類になるのです。

  • 射精はするけどフニャフニャのペニスで若い時の硬さがない
  • 全く聞くりともせずインポテンツだ

これもすべてED(勃起障害、勃起不全)の定義に当てはまります。

ED(勃起障害、勃起不全)の度合いは

  • 完全ED・・インポテンツ
  • 中等症ED・・たまにペニスの勃起が可能。セックスの最後まで勃起が持続できる
  • 軽症ED・・朝勃ちがしない、気分によって射精や勃起をしないが、基本的にはセックスで不具合はない

の3段階に分類されます。

つまり、たまに問題が見られたり、泥酔ではないけどお酒を飲むとペニスが立たなくなる…みたいな状態でも、ED(勃起障害、勃起不全)に当てはまるわけです。

結局のところ、通常は何も問題がなくセックスができていた状態から変化した時、基本的にはED(勃起障害、勃起不全)の症状になっている可能性があるということです。

  • 十分にペニスの勃起がないのでセックスをすることができない
  • 一時的にペニスは勃起するけど、セックスの途中で中折れしたり、射精をしない

このようなものも、基本的にはすべてED(勃起障害、勃起不全)になります。

ペニスが萎える場合、軽症から中くらいの症状だと思います。「若い時にはカチカチだったのにな…」「最近朝勃ちしないよな…」みたいな感じですね。

「最近仕事で疲れたからな…」などの悩みであまり気にしてないタイプ。とはいえ、このような症状が出てくれば、自分自身で改善しない限り、ED(勃起障害、勃起不全)の症状はどんどん悪化していきます。

なぜなら、ED(勃起障害、勃起不全)は体内で成長ホルモンやテストステロン(男性ホルモン)が減ってくることで起こる症状である、30代や40代では意識しない限りは体内でテストステロンが分泌されることが少ないからです。

ペニスが萎える…くらいで悩んでいるのは初期の状態だと思います。

  1. いざというときにペニスが勃起しない時がある
  2. ペニスが自分が満足している硬さにならない
  3. 気分や日によってペニスの勃起力にムラがある
  4. アルコールを飲むと全く反応しなくなってきた気がする
  5. セックスの途中でペニスが中折れしたり、途中で萎えたりする
  6. 一度射精した後、再度ペニスの勃起が厳しい
  7. 他の事が頭に入ってセックスを集中することができない
  8. 中折れやペニスが萎えた後、再度硬くなることは難しい
  9. セックスの途中で中折れや萎えてくるのを自分自身で感じ、焦ってくる
  10. ちょっとでも体調に不安があったりすると、セックスするのが怖くなる
  11. セックスができないかもしれない…と常に恐怖心があり、パートナーに対して不安な気持ちを持っている
  12. 基本的にセックスをしたいとは思わない
  13. セックスを楽しむ感覚が全くない

この中で当てはまる事があればあるほど、ED(勃起障害、勃起不全)の可能性が高いと言われています。

ペニスが萎えるとか、セックスの途中で中折れする…位は、30代や40代の男性の場合、多くの人が経験していると思います。

「最近朝ギンギンにならなくてさ」

 

「途中で萎えてしまって最後まで射精できなくて…」

これは、実際に僕の同窓会などでよく聞くことですが(笑)、みんな共通認識を持っていって、歳だから仕方がないと思ってあまり対策をしていません。

ペニスが萎える場合ば、基本的には心因性のケースが高い

ED(勃起障害、勃起不全)には種類があり、

  • 器具性ED(勃起障害、勃起不全)・・身体的な障害(糖尿病や老化、テストステロンの低下)
  • 機能性ED(勃起障害、勃起不全)・・・機能性ED(勃起障害、勃起不全)は「症状性ED」「心因性ED」の二つに分けられる。

この3つのどれかに分類されます。

ペニスが萎える、セックスの途中で射精をしない、ペニスが思い通りの硬さにならないなどの悩みの場合、ほとんどが「心因性ED」と言われていて

  • サプリメントの摂取で体内のテストステロン(男性ホルモン)を高める
  • 心因性の原因を解決する

ことで治ると言われています。

例えば心因性の場合、朝勃ちやオナニーではペニスの勃起が可能だし、射精も普通通りできるけど、パートナーがいるとペニスが途中で萎えたり、中折れして射精ができない…などが起こります。

これは

  • 過去のセックスの失敗による不安
  • 過去のパートナーの発言のトラウマ(ペニスが小さい、イクのが速い、気持ちよくない等)
  • 仕事上のトラウマ
  • 食生活の乱れ

このようなことが原因です。

ボクは、20代はペニスが小さいことで悩んでいたのですが、それでも元々明るい性格で女性にはすごくモテていました。

でも「もし自分のペニスを見られたら、包茎のペニスを見られたら…」と思うと、なかなか先に進むことができませんでした。このような気持ちも心的ED(勃起障害、勃起不全)の要因になるでしょう。

ペニスが萎える|中折れの原因について

基本的には、栄養を摂取し、中折れの原因、ペニスが萎える原因を突き詰めなくしていけば、多くの方はペニスの勃起で悩むことはないと思います。

なぜペニスが萎えるようになったのか?

当てはまるのであれば、改善していきましょう。

テストステロンの分泌が弱っている

テストステロン(男性ホルモン)は体内で、第二次性徴期(10代20代)で最も沢山分泌され、その後年々減って行きます。

40代ではほとんど体内で生成されることはないともいわれています。年齢を重ねるごとに、ペニスの勃起をしなくなってくる理由は、老化、加齢による体内のテストステロン(男性ホルモン)の減少が大きな要因です。

まず先程も述べましたが、ペニスが萎えることもED(勃起障害、勃起不全)の種類になります。

そして、ED(勃起障害、勃起不全)の原因は「体内のテストステロン(男性ホルモン)の減少」なのですから、テストステロンの分泌が弱っていると、ペニスの勃起力が弱まる→結果的にペニスが萎える。連鎖になります。

もちろん、テストステロン(男性ホルモン)の分泌だけが要因ではなく、後に述べる様々な事が重なり合って、さらに最悪な状態になります。

例えば「オナニーの仕方」を改善すれば、ペニスの萎えることは改善されるかもしれません。

しかし、体内でテストステロン(男性ホルモン)が増加していくことはないので、年齢を重ねて、どんどんテストステロン(男性ホルモン)の分泌は弱まっていくのが通常の男性です。

ですので、体内でテストステロン(男性ホルモン)の分泌を高める環境を整える必要があります。

テストステロン(男性ホルモン)については、下記のページに詳しく書いていますので、そちらを参考にしてください。

ペニスの萎えの防止、テストステロン(男性ホルモン)を増やす最短で最も効果の高いものは、ペニス増大サプリメントや精力剤サプリメントで栄養を摂取することです。

セックスが気持ち良くない

ペニスが途中で萎える要因として、セックスが気持ち良くないことも考えられます。

性的興奮が高まっていないとき、例えば「毎度見ている裸(刺激がない状態)」の場合、オナニーの方が自分で調節できるので良いと考えてしまいます。

セックスが気持ち良くなければ、当然ペニスも萎えますし、射精までするのが苦痛になってきます。

オナニーのしすぎ

セックスが気持ち良くない原因の一つで、オナニーのしすぎが考えられます。

ボクは現在50歳ですが、セックスの時は2回から3回は女性の態度を見ながらできます。

「もうペニスが勃起しないから」と言って、1回でやめることはほとんどありません。

パートナーが下手くそで、慣れていない女性の場合、いきなり3回もHするのは負担になりますので、あくまでも女性の体調に合わせてになります。

女性が求めれば、極端に言えば3回くらいであればセックスはできる体力はあります。

これは、僕が30代から増大サプリメントや精力剤サプリメントを摂取し、筋トレなどをしながら食生活も改善し、普段の生活を整えている努力のたまものになるのですが、そのような僕でも「女性と会う時」はオナニーはしません。

そして、オナニーもあくまでもノーマルのものしかしません。

今は、ネット環境が整っていて、動画環境も整い、無修正のエロビデオが「毛穴レベル」まで観れる時代です。

好きなとき、好きなタイミングで、好きな性癖で観ることが可能なので、オナニーがすごくやりやすい環境が整っています。

  • うつ伏せでシーツなどを使ってこすりつけて射精をする
  • 道具を使って特殊なオナニーをする
  • 力任せで足をピンと伸ばして射精をする

こういったオナニーばかりしていると、実際のセックスが馬鹿らしくなる、面倒くさくなるのでペニスが途中で萎える原因になります。

手を使わずにオナニーをしている男性は、自分のオナニーの改善するだけでセックスの途中で中折れしたり、途中で萎える事が減るかもしれません。

射精のタイミング、射精の環境、射精をするシーンが、通常のセックスとかけ離れている場合、ED(勃起障害、勃起不全)の要因になりますので注意が必要です。

ちなみに、オナ禁まではする必要はないと思います。

オナ禁は、やったからといって「目が大きくなる」とかの効果効能が謳われていますが、あれは科学的な根拠は全くないそうです。

ただ、女性とセックスする日取りが決まった場合、逆算して2日前くらいからはオナ禁をすると、気持ち良いセックスができます。

AVの見すぎで生身の女性に幻滅する

これも過度の期待のしすぎで、実際のパートナーとのセックスのプレーと、AVのプレーのギャップでペニスの勃起がうまくいかないケースです。

また、生身の女性の「ニキビ」「ニオイ」等にも我慢がならないという男性が最近は多いみたいです。

AV女優の見すぎて、「女性は綺麗なもの」「女性は無臭であるべき」みたいな先入観を持っているため、実際に女性が乱れてくることに対して幻滅する男性も多いようです。

セックスや女性に対しての過度な期待を抱いている

これは先程の例とはま逆で、AVと同レベルの気持ちよさや、女性はAVと同様のプレーをするべきだみたいな先入観です。

女性に無理なことを強要させて、自分の快楽を満足させようとして、女性が抵抗したり、自分の思った通りの感じ方をしない、或いはAVと同様の感じ方をしない…こういった場合にペニスが萎えるのです。

生身の人間とセックスをすることは、AVや本とは違う、良い部分もあれば悪い部分もあります。

オナニーのしすぎ、変な先入観は、結果的に女性を遠ざけ、その結果ペニスを萎えさせ、ED(勃起障害、勃起不全)がどんどんひどくなるみたいな流れになります。

セックスの相性が悪い

これは単純に、今のパートナーとのセックスの相性が悪いケースです。

つまり、セックスが楽しくない…みたいな感覚と似ているかもしれません。

こういった場合は、、別の女性とセックスをすると射精できたり、ペニスが萎える事がないのでわかりやすいと思います。

コンドームが原因

コンドームを極端に嫌う男性も多いようです。

また、女性の方が過度に反応しすぎて「とにかくコンドームをしているかどうか?」の確認をする場合、男性はペニスが萎える事があります。

もちろん、コンドームがあればそれだけ快感が薄れますが、普段から刺激が強いオナニーをしている場合、コンドームの感度では全く感じなくなります。

ただ、基本的にはコンドームは必須条件だと思います。

コンドームが原因でペニスが萎える場合は、男性は考えなければいけません。

ペニスが萎える、セックスの途中の中折れを改善する方法は?

色々な要因があるのがわかっていただけたと思います。

セックスの途中でペニスの中折れ、或いはペニスが萎える場合、パートナーも興ざめしますし、何よりも自分が男として負けた感じが出てきます。

色々な要因が重なり合い、ペニスが萎える環境になるのですが、セックスの本番以外の時でも、色々な注意が必要です。

中折れを改善、ペニスが萎えるのを改善する方法や、ED(勃起障害、勃起不全)になる要因などについても書いていきたいと思います。

バイアグラなどのジェネリックを使う|ただしED(勃起障害、勃起不全)は一過性のものではないので注意


バイアグラなどのジェネリックを使うのはアリだと思います。

実際僕も、普段から精力剤サプリメントに、セックスの本番前にはオナニーも我慢し、そして本番の時にはジェネリックを使っています。

ですから、2回も3回もできるのです(笑)

例えば、普段から暴飲暴食を繰り返し、バイアグラなどをそのときに使ったとしても、複数回のセックスはできないと思います。

バイアグラは高いですから、ジェネリックで全然問題ありません。

ボクは、40代の中頃にバイアグラのジェネリックを知りました。なくても通常通りセックスはできるのですが、やっぱり全然違ってきます。

郵便書留にすれば、家族にもバレることはありません。

郵便書留の場合、メールアドレスに到着メールが来ますが、だいたい1週間~9日の間に来るイメージです。

だいたい5000円分を購入していれば、3ヶ月~半年くらいは持つ感じですので、コスパも非常にすぐれています。

  • バイアグラ・・3,000円(50mg×1錠)
  • ジェネリック・・1,833円(2018年12月現在・・100mg×8錠)

上記を見ていただければわかりますが、コスパでバイアグラを購入するのは本当に馬鹿げています。

僕の場合、半分に分けて飲んでいますので、さらにコスパは良くなります。通常の男性であれば、4分の1でも大丈夫だと思います。

ピルカッターがなかったり、面倒くさい時は一粒丸々飲むこともありますが、体の不具合などは全くありません。

>>おすすめジェネリックです^^

また、バイアグラの場合、あの形の形状がペニスの勃起には効果があるらしく、半分に割ると効果が減ると言われています。

しかし、バイアグラのジェネリックに関しては、半分に割ったり、4分の1でも、効果は全く変わりません。

実は、僕自身もペニスのことに関して全く何も知らない時は、ジェネリックに対して非常に不安を持っていました。

しかし、病院などでもジェネリックという言葉が浸透し始め、バイアグラの値段が高すぎるため、試しにバイアグラジェネリックを購入したのです。

そしたら、効果も通常のバイアグラと変わらないですし、そう考えると通常バイアグラを購入するのか馬鹿らしくなってきたのです。

タッちゃん
ネットでは「ジェネリックは危険、正しくバイアグラやレビトラをお医者さんに処方して購入してください」みたいな感じで言われていますが、少なくとも僕自身は7年以上使っていますが全く問題はありません。

 

EDは重大な病気になる可能性があるので要注意

とはいえ、セックスのみを考えれば、ジェネリックのケミカルの力を借りれば問題解決しますが、ED(勃起障害、勃起不全)はすべての病気の前兆だともいわれています。

というのも、ペニスの血管は「人間の体の中では最も補足、直径で言えば大きくても2mm程度」らしいです。

冠状動脈が3~4mm、内頚動脈が5~7mm、大腿動脈が6~8mmが平均ですので、ペニスの毛細血管がどれくらい細いのかがわかるでしょう。

ペニスの勃起がカチカチにならなかったり、ペニスが途中で萎えるのは、単純に言えばペニスの毛細血管に血流が集まっていないからです。

テストステロンと成長ホルモンの減少によって起こる様々な問題は、毛細血管の一番細いペニスがすべての始まりになります。

朝勃ちしないのであれば、それは体の何らかのシグナルだと思ってもらって良いです。

ペニスの勃起力は放置すると大変!ペニスの毛細血管が1番細い。
  • ペニスの海綿体の毛細血管…1~2ミリ程度
  • 心臓の血管である冠状動脈が3~4mm
  • 内頚動脈が5~7mm
  • 大腿動脈が6~8mm

ですので、血管が詰まって動脈硬化の症状が一番出やすいところがペニスだということです。 生活習慣を変えなくて、ペニスの勃起をジェネリックでごまかしたりしていたら、他の直径の太い血管にも色々な支障が出ている可能性があるのに放置してしまう。 突然倒れる人などが中年男性には多いですが、朝勃ちが思うようにいかなくなったとか、ペニスが萎えるとかそういった症状はわかるのではないでしょうか? テストステロンと成長ホルモンの減少によって起こる色々な症状は、毛細血管が一番細いペニスが始まりになります。

体内の男性ホルモン(テストステロン)を増やしていく努力、そしてテストステロン(男性ホルモン)が体内で減らないような生活環境を意識しなければいけません。

つまり、日々精力剤サプリメントを飲みながら、体内のテストステロン(男性ホルモン)を増やして行き、なおかつ食生活や生活習慣も改めていく。

「バイアグラのジェネリックさえあれば、セックスに関しては問題ない」と思っているのであれば、それは注意しなければいけません。年々テストステロン(男性ホルモン)が減ってくれば、体に様々な障害が起こる可能性もあるのです。

僕も、バイアグラのジェネリックや、レビトラのジェネリック等は普通に使っていますが、それは日々の生活でしっかりと取り組んでいるからこそです。

ペニスが萎えるのを防止する|精力剤サプリを長期間服用し、体の中で男性ホルモン(テストステロン)を増やしていく

やはりお金はかかりますが、精力剤サプリメントを飲み続けることが重要だと思います。

人間の体は、ターンオーバーがあり、短期的な効果はあまり期待できないですが、11ヶ月ですべての細胞が生まれ変わると言われています。

基本的には、ED(勃起障害、勃起不全)を改善する栄養素は、通常の食事では摂取することができません。

効率よく栄養を摂取して、なおかつ長期的な目線で観るには、サプリメントは必要不可欠です。

さらに、30代を超えると体内でテストステロン(男性ホルモン)を増やすことはできませんので、サプリメントを摂取する事が効果的です。

体内でテストステロン(男性ホルモン)や成長ホルモンが増えると、ペニスの萎える事が改善できる可能性があるに加え、様々な効果が相乗的に出てくるのを僕自身を体験しています。

ペニス増大サプリで生成される『男性ホルモンと成長ホルモン』が 足りない時のデメリットと、増えるメリット

男性ホルモン(テストテロン)と成長ホルモンは、20代をピークに分泌され、徐々に減っていきます。30代以降は体内で生成されることはほぼありません。 ストレス、生活習慣により急激に減少し、女性の閉経の様な状態(急激に減る状態)になり、男性更年期障害(LOH症候群)と呼ばれる症状が出てきます。 男性ホルモン(テストテロン)、成長ホルモンが減ると起こる諸症状

  • ED(勃起障害)、勃起不全、インポテンツ、ペニスの勃ちが悪くなる
  • 朝立ちしなくなる、性欲の減退
  • ペニスの中折れ、射精出来ない
  • 射精の感度が下がる、セックスに興味がなくなる
  • 肥満やメタボリックシンドローム、筋肉量の低下
  • 不眠、眠りが浅くなる
  • 腰痛、肩痛、肩こり、理由もなくだるくてヤル気が出ない
  • 発汗、ほてり、動悸、頻尿、めまい

成長ホルモン、男性ホルモンが増えると期待出来る好転作用 加齢により体内で増える事がない男性ホルモンと成長ホルモンをペニス増大サプリで強制的に体内で作ることで、以下の好転反応が期待できます。

  • 第二次性徴期と同様、ペニスがデカくなる
  • 性欲の増進(ペニスの勃起の向上、セックスの時の射精の気持ちよさ)
  • 筋肉量が増えセクシーになる、痩せる(肥満やメタボ予防)
  • 体毛増加作用
  • ドーパミンの分泌を促す為、精神を活性化してヤル気を高める
  • 鈍痛予防効果
  • 闘争本能促進、孤独願望促進
  • うつ病予防、アンチエイジング対策
  • モテる(女性は無意識レベルで男性ホルモン(テストステロン)の量を測っていると言われている)

*テストテロンは『モテフェロモン』『モテホルモン』とも呼ばれています。

筋トレを行って筋肉をつけ、テストステロン(男性ホルモン)を増幅させる

男らしさの象徴といえば「筋肉」ですが、ペニスの中折れや萎える対策には、筋肉をつけることは非常に有効です。

ED(勃起障害、勃起不全)の原因は、体内のテストステロン(男性ホルモン)が減ることが大きいのですが、筋肉を活動させると、筋肉の細胞の一部がテストステロンと結びつき、体の筋肉量が増加していきます。

筋肉量が増加すれば、テストステロン(男性ホルモン)が消費されてテストステロン(男性ホルモン)が減少します。

減少したテストステロンを作り出さなければいけないと脳ミソが精巣や副腎に対して命令を出します。今以上にテストステロン(男性ホルモン)を生成するように司令します。

筋肉は「生命維持」だけに特化すれば、カロリーを使うので非常に無駄であり、脳ミソは筋肉を減らして脂肪をつける事します。

しかし、筋トレをすることにより、架空の敵を作ってあげれば「外敵と戦わなければいけないので、筋肉を維持しなければいけない」と脳ミソが錯覚します。

ですので、有酸素運動よりも筋トレをして筋肉をつける方が、テストステロン(男性ホルモン)が分泌される可能性が高くなります。

良質な睡眠をとり、男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンの分泌を促す

僕達人間は、睡眠時間も非常に重要ですが、研究により寝る時間にも重要度があることがわかっているそうです。

体内時計という言葉がありますが、成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯は「夜の11時から深夜0時頃と、深夜の2時前後」だと公表されています。

つまり、一日6時間寝たとしても、この時間帯に起きている場合、体内で成長ホルモンが分泌されるのが少なくなってくるというわけです。

不規則な生活、例えば深夜まで夜ふかしして、日が明けた頃に眠りにつく…このようなことをしていれば、成長ホルモンの分泌が少なくなります。

また、成長ホルモンは寝て30分程度たってから分泌されると言われています。ですので、最低でも上記の時間帯の1時間前後には寝ておいた方が良いわけですね。

もちろん、仕事などもされていますので、この睡眠時間を守るのは厳しいかもしれません。しかし、成長ホルモンの分泌は上記の時間帯に最も活発に行われると知っていれば、無駄な夜ふかしなどはしないと思います。

ペニスが萎える男性が注意すべき生活習慣

ペニスが萎える、セックスの途中に中折れする、これはED(勃起障害、勃起不全)の中でも非常に軽度の状態だと思います。

精力剤サプリメントをしっかりと服用し、規則正しい生活を心がければ、ペニスが萎える問題は比較的簡単に解決できるかもしれません。

体内で男性ホルモンを増やすのは、精力剤サプリメントなどの栄養が必要です。

幾らテストステロン(男性ホルモン)を増やす栄養素を摂取しても、普段の食生活や生活習慣が乱れていては意味がありません。サプリメント代金の無駄になります。

ペニスが萎える、ペニスが中折れすると心配している男性の注意すべき生活習慣について書いています。

タバコはペニスの勃起、中折れに不安は方はやめるべき!

感覚的に、色々な女性と出会ってきて、タバコ臭い男を嫌う女性は物凄く多いです。30代を超えたあたりから、「タバコ吸っている→くさそう」みたいな先入観を持っている女性が多い気がします。エチケットとしても、たばこ吸わないのは非常に優位に立てると思います。

化学的な根拠をもって、タバコは精力を減退させることがわかっているそうです。

タバコは勃起力を下げる!
  • タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させ、ペニスに血流が流れ込みにくくなる
  • ペニスの勃起を妨げる
  • タバコに含まれる一酸化炭素とか窒素酸化物に左右され、ビタミンミネラルが消費され、ペニスの勃起に悪影響を及ぼす
  • タバコの一酸化炭素が精子の元になる細胞を破壊する

精子の材料のアルギニンは、精力剤サプリやペニス増大サプリメントに大量に入っていますが、せっかくそのような栄養素を摂取していても、タバコを吸っていては意味がありません。

タッちゃん
イギリスの医学誌に掲載された分析では、20本/1日以上タバコを吸う男性が精力の衰えを感じる確率は、非喫煙者と比べて40%も高いらしいです。20本未満のタバコを吸う人の場合でも、24%も高いらしいです。

 

ストレスをためると男性ホルモン(テストステロン)の激減になるので要注意

ストレスはすべての最悪な結果を引き起こします。

テストステロン(男性ホルモン)が、女性の閉経のように突然体内からなくなっていけば、男性更年期障害(LOH症候群)と呼ばれる症状になります。

また、ストレスを解消しようと思って、お酒やギャンブル、或いは暴飲暴食に走っていくと、筋肉量が減り、脂肪が増え、テストステロン(男性ホルモン)が減る結果になります。

ストレスをゼロにすることは厳しいですが、ストレスの発散を筋トレや運動にシフトすべきです。

また、タバコはペニスの中折れ、萎える原因になりますが、ストレスがたまっているとイライラするため、結果的にタバコを吸ってしまいます。

過労では根本的な部分でペニスが萎える精神状態になっている

連日連夜仕事が遅く、蓄積されていけば、当然ですがセックスどころではないと思います。

「疲れマラ」などという言葉がありますが、それは肉体的にも精神的にも疲れ果てている状態になりますので、極力過労はしない方が良いでしょう。

「疲れてるからセックスをしたくない」みたいな気持ちでセックスをしても、射精もしないかもしれませんし、気持ちよくもないでしょう。

アルコールは我慢する

定期的に一定量のアルコールを摂取することは、ED(勃起障害、勃起不全)の原因になると考えられています。

アルコールを分解する時、体内にある栄養素を消費するからです。

筋トレをしている男性では、ボディメイクをする時にはお酒は飲まないのが常識です。ライザップ等では蒸留酒はOKみたいな感じになっていますが、アルコールは基本的にエンプティーカロリーといわれ、全く意味のないカロリーです。

アルコールを分解する時に、余計な栄養素を使ってしまうため、アルコールは飲まない方が良いです。

またアルコールを飲むと、禁煙ができないので、結果的にタバコとセットになってしまいます。僕も20代の頃は、お酒は止めれなかったけどタバコはやめたかった。

しかし、禁煙も出来なかったのは、お酒に酔っぱらった時に「3ヶ月くらいはタバコを止めているから大丈夫だろう」みたいな気持ちに何度もなったからです。

ですので、お酒やタバコは「ボディメイク」「ペニスの勃起力の改善」には必要悪だということです。

50歳になって、女性にこのようなことを言われると自慢じゃありませんが「男冥利に尽きる」のです。

タバコを吸ったり、おいしいお酒を飲んだときの「精神的満足」と、女性にこのような本音を言われた時の精神的満足。ドチラが必要ですか?結婚してるから、異性は気にならないですか?でも、それって「奥さんやパートナーをバカにしていませんか?」となります。あなたはどちらの男でありたいですか?

食生活を注意する

アルギニンやシトルリン、亜鉛をはじめ、様々なビタミンの栄養素が不足になると、ED(勃起障害、勃起不全)の要因になります。

食生活は出来るだけ抗酸化を意識し、アルギニンやシトルリンや亜鉛、このようなテストステロンを増やす栄養は、サプリメントから摂取するのが効率が良いです。

アルギニンは牛肉に沢山含まれていますが、コスパもよくありませんし、牛肉から必要量のアルギニンを摂取することはほとんど不可能です。

オナニーにも注意する

過剰なオナニーはもちろん精子が満タンにならないので性欲が湧きません。

そして一番注意しなければいけないのは「手を使わないオナニー」や「特殊なオナニー」に慣れてしまうことです。

このようなオナニーに慣れてしまうと、「実物の女性とのセックスが面倒くさい」と思ってしまいます。

そして、女性の膣の圧迫では全く満足ができなくなります。変なオナニーやセックスとほど遠いオナニーをしている場合、それは慣れてしまうため注意が必要です。

ペニスの中折れしたり、萎えたりする男性の多くは、オナニーのやりすぎだったり、変わったオナニーをしているといわれています。

普通に性欲があるけど、ペニスが萎えてしまう…中折れしてしまう…射精ができない…このような男性は、女性の膣の中では発射できないような体になってしまっている可能性が高いです。

そして、ペニスが萎える、途中で中折れする、射精も出来ずにダラダラとしてしまうことで「女性に下手くそと思われたらどうしよう」「もしかしたら早くイッてくれないかなと思っているかもしれない」みたいにどんどん不安になってきます。

そうなってくると心因性EDの症状と同じで、悪循環になります。

ペニスがセックスの途中で萎える男性の改善策のまとめ

いかがでしたか?

セックスの途中でペニスが萎えてしまう男性の多くは、

  • テストステロン(男性ホルモン)が減少している
  • テストステロン(男性ホルモン)が減少するような生活習慣を送っている

だと考えられます。

ペニスは普通通り勃起するし、性欲はあるのでそこまで深く考えていませんが、軽症のED(勃起障害、勃起不全)の可能性が非常に高いです。

このページをよく読んでいただき、しっかりと精力剤で栄養を摂取し、生活習慣を改めてあげれば、ペニスの中折れや萎える事は解消できると思います。

ボクは今年50歳でバリバリ元気ですので、皆さんにも絶対にできるはずですよ^^

【EDかな?】と思う方は精力剤サプリの長期服用がオススメです^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事