タッちゃんです。アンドロペニスですが、「デカくなることが実証されている」こともあり、自信を持って続けることが出来、非常にやりやすく感じます。

今日は、2019年から2ヶ月以上装着している僕が、アンドロペニスとアンドロヤマトはどちらが良いのか?等について語って行きたいと思います。

アンドロヤマトとは?

アンドロヤマトは2008年から生産されている国内のペニス牽引器のメーカーになります。

アンドロペニスは1995年から続いている「医療器具メーカー」であり、その点でもアドバンテージはアンドロペニスにあります。

アンドロペニスの科学的根拠
2009年トリノ大学で行われた実験。過去にペニス増大手術を試したことのある、109人の男性を集めて行われた。殆どの増大系手術をしたことのある男性で、唯一サイズアップの効果が確認できたのはアンドロペニスだった。毎日使っている男性は、平均で1.7cmの増大が確認できた。ただし「1日平均4時間~6時間、効果が出るまでは4ヶ月以上かかる」とされている。

上記の様に、医学的観点で「ペニス増大に効果があるとされているのがアンドロペニスになります。

アンドロペニスでのペニス増大は年齢は関係ないと思われる

僕は、現在50歳です。2019年の1月から使い始め、約1.2センチほどのペニス増大が出来たのですが、「38歳からチントレとペニス増大サプリメントで5cmのペニス増大を行っている」ことを考えた場合、かなりの成長率ではないかと思います。

タッちゃん
今まで一度も「ペニス増大」に挑戦していない方、また、ペニス増大サプリメントは購入したことあるが、チントレを一緒にしていない男性は、アンドロペニスを使うことで、かなりのペニス増大が期待できるのではないか?と考えます。

実際、daigoさんのニコニコ生放送で「アンドロペニスは唯一ペニス増大に効果がある」と断言されていたので「下心あり」で試しに購入したのですが(笑)、正直「ペニス増大はできる限りの事をした」と思っていたため、そこまでペニス増大の効果は期待できないかな…と思っていました。

ところが、実際にフタを開けてみると、僕自身が「MAX」と思っていたペニスのサイズよりも、さらに1.2cmも大きくなったので、嬉しい誤算で本当に嬉しかったです。

アンドロペニスの牽引器は、「徐々に引っ張っていく」ことで、新たに細胞分裂を起こしていくため、もしかするともう少しデカくなるかもしれないです。

とはいえ、18cm以上になると「フェラや好みが分かれる」ので、そこまでデカチンにもならなくて良いかなと思っています。正直、ペニスは勃起して16cmくらいあれば「どんなドスケベの人妻」でもイカせまくることが出来ますし、現状のペニスに満足していましたので。

でも、友達と風呂に入ったりする時はかなり優越感ですね(笑)

アンドロヤマトは日本人向けなのか?

さて、同じような牽引器具としてアンドロヤマトがありますが、どちらが良いのでしょうか?

僕は間違いなくアンドロペニスをおすすめします。

理由としては単純で

牽引機で「アンドロヤマト」よりもアンドロペニスをオススメする理由

  • アンドロペニスは牽引器具として医療器具メーカーが販売していて世界中で売られて実績がある。(アンドロヤマトを含め、他のモノは医療器具ではない)
  • トリノ大学の実験で「効果がある」と言われたのは、アンドロペニスだから(牽引機全体ではなく、アンドロペニスの事)
  • すべてのペニス牽引器具はアンドロペニスが始まり(1995年~|売上高3000万ユーロ(約30億円)を誇るスペインの医療機器メーカー「アンドロメディカル」はスペインのマドリードに本社)
  • アンドロヤマトは2008年~。本家と値段は変わらない。精密さを謳っているが、本家は医療器具なのでアドバンテージは無い。
  • サイズ的にも日本人でも問題なく、アンドロヤマトの「日本人向け」のアドバンテージはないと使用者として断言できる
  • 唯一の医療器具メーカーなので、精密さ、作りもしっかりしていて、細部までこだわっているし、思った以上に大きくない
  • 金額的な部分で、本家のアンドロペニスと比べても、アンドロヤマトが安いわけではない。
  • アンドロヤマトは「類似品にご注意ください」みたいな感じで勘違いを生んでいる販売方法をしているので気に食わない
  • ヨーロッパから発送されるが、ネットが整った今、時間的な部分(2週間程度)でのデメリットはあるが、信頼性があるので安心できる

このような部分です。

上記のイタリアの論文も、アンドロペニスのトリノ大学の研究結果であり、アンドロペニスの名前を一度も出していない状態で「偽物にご注意」「類似品にご注意」とあれば、知らない男性からすれば「アンドロヤマトが牽引器具の本家だ」と思うでしょう。

僕はこのような感じで販売しているため、アンドロヤマトではなく、アンドロペニスを強く推奨したいと思います。

アンドロヤマトを購入するメリットは僕が考える限り存在しない

以上の様な部分で、アンドロヤマトとアンドロペニスを比較した場合、アンドロヤマトをあえて購入する理由はないかなと思います。

「牽引器は唯一効果がある」とdaigoさんもおっしゃっていますが、それは=アンドロペニスであり、アンドロヤマトやその他のペニス牽引器具を「一緒に考える」のは少し違うかな、と僕は思うからです。

アンドロヤマトの「日本人向け」パーツもありますが、アンドロペニスが「日本人に合わない作りをしているのか?」と言えば全然そんなことはありません。そして、医療器具メーカーですので、思っている以上にスマートで装着時のストレスはありません。

つまり、アンドロヤマトの購入理由が見当たらないわけです。

何度もくどいようですが、「日本製=信頼できる」ではないです。1995年から続いている、世界で販売されている医療器具の牽引器のアンドロペニスが僕はオススメです。

アンドロペニスはペニス増大サプリメントと一緒に摂取すると相乗効果が期待できる

筋トレをされている方はわかると思いますが

  • 筋トレ…筋繊維を壊す作業
  • 休息と栄養(ビタミンやタンパク質)・・壊れた体の部位を修復する(大きくなったり太くなったり、長くなったりする)

であり、「筋トレそのものが筋肉を大きくする」わけではありません。

ペニスは海綿体組織で、筋肉とは構造が違いますが、人間の体の仕組みの本質は同様です。

チントレの場合、意識的に運動をしなければいけません。実際、僕もチントレをしてペニスを大きくすることが出来ました。

しかし、アンドロペニスは「半強制的にペニスに負荷をかけている」状態なので、デカくなって当然なのです。

そういった意味では、ペニス牽引器は非常に理にかなった効率の良い「チントレ」といえるでしょう。

ですが、上記の理屈で考えた場合「休息と栄養」がなければ、壊れた細胞は元通り大きくなりません。

また、体内で男性ホルモン(テストステロン)が増えている状態であれば、ペニス増大のキッカケがあるといるでしょうし、ペニスに必要な栄養(血行促進や、ペニス増大のための栄養素)が沢山あるほうが有利です。

シトルリンとアルギニンの推奨1日摂取量

ペニス増大や精力改善、『活力』アップに必要なアルギニンとシトルリン。どれくらい1日に摂取すれば良いのか?ですが、一般的に「シトルリンは1日目安0.8g(800mg)」「アルギニンは1日目安4g(4000mg)」だといわれています。食べ物で摂取するのはほぼ不可能です。

100グラムあたりのシトルリン量

  • スイカ 0.18g(180mg)(100gあたり)
  • ヘチマ 0.6g( 60mg )(100gあたり)
  • メロン 0.5g(50mg)(100gあたり)
  • 0.8g(800mg)摂取する為に必要な量
  • スイカ 450g(一玉3~5キロなので、約6等分の1切れ)
  • ヘチマ 約1.5キロ(ヘチマ半分)
  • メロン 約1.6キロ (1.5個分)

100グラムあたりのアルギニン量

  • くるみ(炒り) 100g→2.2g(2200mg)
  • 若鶏肉(むね・皮なし・生) 100g→1.5g(1500mg)
  • 豚肉(ロース・赤身・生) 100g→1.5(1500mg)

「食品成分データベース」(文部科学省) https://fooddb.mext.go.jp/

このように、シトルリンにしてもアルギニンにしても、食べ物から摂取するのは至難の技です。

筋トレの役目である「アンドロペニスでのペニスのチントレ」を行うのですから、当然ですが「休息と栄養」の栄養の部分であるペニス増大サプリメントがある方が良いのです。

アンドロペニスとアンドロヤマト、ペニス牽引器はどちらがおすすめ?のまとめ

いかがでしたか?

ペニス牽引器は、絶対にアンドロペニスが良いです。

そして、せっかくアンドロペニスを購入するのですから、ちゃんと「ペニスに必要な栄養素」を与えてあげましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事