こんにちはタッちゃんです。

今日はアンドロゲン(男性ホルモン)と、メタボリックシンドロームの関係性を調べたので書いてみたいと思います。

ペニス増大を行い、精力減退を気にする中年男性は、若い女性やセフレとセックスをしたいからこそだと思います。

或いは、パートナーをシッカリと満足させたいと思っている中年男性だと思います。

そう考えるとメタボリックシンドロームで、お腹が出情けない中年男性であれば、女性はあなたをオスとして認めてくれないのではないかと思います。

アンドロゲン(男性ホルモン)は、ペニス増大や精力増大に非常に重要な性ホルモンですが、それ以前に、女性に「セックスの対象になる」男性になるためにも非常に重要な「見た目」に関連していることも大事です。

肥満は生活習慣で引き起こされるものです。

健康被害も心配ですが、それよりも増して、モテない男性になるというのは非常にマイナスポイントです。

精力剤サプリメントを数ヶ月飲み続けることで、体内に男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンの分泌を促す栄養素を摂取することが可能になります。

>>【2020年版】抜かずの3発!中高年オススメの精力剤サプリランキング【タッちゃんも愛用!】

アンドロゲン(男性ホルモン)とメタボリック

男性ホルモン(アンドロゲン)はメタボにも関係しているようです。

メタボそのものに関しては殆どの男性がご存知だと思いますが、内臓脂肪型肥満を一緒の原因として高血糖、脂質異常、高血圧が引き起こされるケースです。

メタボのメインの原因は内臓肥満で、これと高血糖、更には脂質異常症、高血圧が相まって心筋梗塞をはじめとして、脳卒中などを引き起こします。

肥満は、通常はBMI(身長からみた体重の割合)の数値で表されます。『アナタの体重(㎏)/身長(m)/身長(m)』で表され、標準値は22で、BMIの数値が25以上だとしたら肥満とされています。

しかしながら、BMIでは筋肉の量で体重が多い男性と、脂肪の量で体重が多い男性を区別不可能です。

そこで、メタボの基準では、もっと簡単に測れてより正確な腹周りのサイズを採り入れています。男性で85m以上です。

内臓肥満かどうかはBMIだけに限らず腹囲も含めて決定するというのが一般的な認識となります。

では、こういった肥満、メタボが、男性ホルモン(アンドロゲン)とどのように関係しているのでしょうか。男性ホルモン(テストステロン)が減少してくれば、肥満やメタボになりやすいことがマウスの実験によって明らかになっています。

第二次性徴期に男性はチンコを大人のカタチにするために男性ホルモン(テストステロン)を使います。

しかし、このマウスの実験では、生殖器の発達が不十分と言う理由から、メスを妊娠させることができなかったそうです。

更に実験のマウスは、若いうちはそうでもなかったのですが、年をとるに従って肥満が進み、内臓脂肪がたまるというデータが得られたというのも面白いです。マウスはそもそも、好奇心が強く、周囲を活動する動物と考えられています。

それが次第に不活発が顕著となり、その結果として太ってしまったのです。

どこへ行くのも車で、なおかつろくに運動もせず、深夜の遅い時間でもパクパク食べている男性がメタボになるのと似ているのは間違いないでしょう。

性ホルモンの増減で考えた場合、「歩かずに車で行くから太った」ではなく、性ホルモンの減少で「やる気がなく歩く気がしない→その結果太る」と考える方が理にかなっているでしょう。

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)になると、活動性が落ち、じわじわとメタボになっていくと考えられます。

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)で活動性が落ちるためメタボになってしまうのか、メタボであるから活動性がダウンするのかは、卵が先か鶏が先かという様な感じであり、直接的な原因なのかは定かではありません。

また、男性ホルモン(テストステロン)が脂肪代謝にどのようなメカニズムで作用しているかは100%研究されたわけでもありません。

でも、男性ホルモン(アンドロゲン)の低下は間違いなく肥満を引き起こすと考えられます。テストステロン値が低い男性ほど肥満をはじめとして、高血圧などメタボと同様の条件が多く見られたそうです。

体内で性ホルモンが増えることで起こること

僕自身、現在50歳ですが、40代から10年くらいペニス増大サプリメントや精力剤サプリメントを飲み続けている状態です。

体内で性ホルモンが増える環境を整えています。

タバコも吸いませんし、お酒も飲みません。生活環境を整えています。モテるためには努力が必要であるということも意識しています。

体内で男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンの分泌が高まると、次のようなメリットがあると言われています。

これは個人差がありますし、もちろん精力剤サプリメントケミカルではなく、健康補助食品ですのですぐに効果が現れるのではなく、日々の生活習慣にサプリメント摂取を心がけて数ヶ月間続けることが重要です。

ペニス増大サプリで生成される『男性ホルモンと成長ホルモン』が 足りない時のデメリットと、増えるメリット

男性ホルモン(テストテロン)と成長ホルモンは、20代をピークに分泌され、徐々に減っていきます。30代以降は体内で生成されることはほぼありません。ストレス、生活習慣により急激に減少し、女性の閉経の様な状態(急激に減る状態)になり、男性更年期障害(LOH症候群)と呼ばれる症状が出てきます。

男性ホルモン(テストテロン)、成長ホルモンが減ると起こる諸症状

  • ED(勃起障害)、勃起不全、インポテンツ、ペニスの勃ちが悪くなる
  • 朝立ちしなくなる、性欲の減退
  • ペニスの中折れ、射精出来ない
  • 射精の感度が下がる、セックスに興味がなくなる
  • 肥満やメタボリックシンドローム、筋肉量の低下
  • 不眠、眠りが浅くなる
  • 腰痛、肩痛、肩こり、理由もなくだるくてヤル気が出ない
  • 発汗、ほてり、動悸、頻尿、めまい

成長ホルモン、男性ホルモンが増えると期待出来る好転作用加齢により体内で増える事がない男性ホルモンと成長ホルモンをペニス増大サプリで強制的に体内で作ることで、以下の好転反応が期待できます。

  • 第二次性徴期と同様、ペニスがデカくなる
  • 性欲の増進(ペニスの勃起の向上、セックスの時の射精の気持ちよさ)
  • 筋肉量が増えセクシーになる、痩せる(肥満やメタボ予防)
  • 体毛増加作用
  • ドーパミンの分泌を促す為、精神を活性化してヤル気を高める
  • 鈍痛予防効果
  • 闘争本能促進、孤独願望促進
  • うつ病予防、アンチエイジング対策
  • モテる(女性は無意識レベルで男性ホルモン(テストステロン)の量を測っていると言われている)

*テストテロンは『モテフェロモン』『モテホルモン』とも呼ばれています。

ヴィトックスαエクストラエディションは、血行促進成分、または、ペニス増大サプリメントの成分として有名な人気成分シトルリンを従来比2倍配合しています。

メタボはモテない、ペニスの勃起も芳しくなく、太ってしまう

中年男性はメタボの人が多いと思います。

体内で性ホルモンが検証すると、必然的にメタボになる環境になっていると思ってください。

日常生活を整え、日々の生活習慣を考えながら、運動も取り入れ筋肉をつけていくことが大事です。

結果的に健康になりますし、何よりも若返りして女性にモテるようになるのが一番のメリット。

ペニスの勃起を高めたいとか、ペニスをデカくしたいという男性は、やはり女性を意識していると思いますので…

>>【2020年版】抜かずの3発!中高年オススメの精力剤サプリランキング【タッちゃんも愛用!】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事