ペニスの中折れや朝勃ちしない精力減退や無気力症候群は男性更年期障害が原因なのかも。。

こんにちはタッちゃんです。中年男性の方は、

  • 最近勃ちが悪い、、、
  • セックスの時中折れがヒドい、、
  • 朝立ちがしない、、、
  • セックスで射精まで出来ない、、、

このような感じで、セックスに不安を感じているのではないでしょうか。

僕に限って言えば、50歳を迎える今年でも、現役バリバリでセックスができています。

もちろん、ペニスの中折れ等もありませんし、朝勃ちもギンギンです。バイアグラジェネリックも愛用していますが、精力剤サプリで体を作っているからこそです。

上記のような悩みのある男性は、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の初期症状の可能性が高いです。

私も初めは知らないでたくさん知識を付けましたので、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)について書いていきたいと思います。

ペニス増大サプリよりも精力剤サプリメントが勃起力は高くなります

僕自身、なぜ精力剤サプリメントを飲んでいるのか?という理由ですが、もともとはペニス増大サプリメントを飲んでいたことから始まります。

ペニス増大サプリメントを服用するに当たり、様々な栄養素の勉強をしました。

色々と知識を増やしていくと、ペニス増大サプリメントに含まれる栄養素は、体内で男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンの分泌を増やしてくれる事を知りました。

また、栄養素はペニス増大サプリメントと殆んど同じ、ペニス増大サプリメントよりも含まれている栄養素が少ないとしても、「ペニスの勃起に特化した」配合量という部分で、精力減退であれば精力剤サプリメントの方が良いことを知りました。

実際行くと、10年くらい服用していますが、ペニス増大サプリメントよりも勃起の部分では優れているかなという印象です。

もちろん、ペニス増大サプリメントも、アルギニンやシトルリンをはじめ、血流を上げるための成分がふんだんに含まれていますので、ペニスをデカくする男性の場合は、ペニス増大サプリメントの方がダブルでおいしいと思います。

中年男性は体内で男性ホルモン(テストステロン)が少なくなっている

  • 最近タチが悪い、、、
  • セックスの時中折れがヒドい
  • 朝立ちがしない、、、

この様な方は、体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを増やす精力増強の方法をお勧めします。

一般に言えば、精力剤サプリメントを摂取することが近道になります。精力剤サプリメント、ペニス増大サプリメントともに、健康補助食品ですので、ケミカルな効果は期待できません。

しかし、数ヶ月服用すれば、間違いなく圧倒的な違いが出てくると断言出来ます。

体内で男性ホルモン(テストステロン)が少なくなるために、中年男性はペニスの勃起がしなくなったり、朝勃ちしなくなったり、中折れしたりと、ED(勃起障害、勃起不全)の初期症状が出ます。

このような悩みを持っている男性は、精力剤サプリメントで体内の栄養を補給するイメージを持っておくと良いかなと思います。

中年男性でも色気のある男になりましょう

『女性は年をとる毎に自分のアイテムが減っていく。男性は年を重ねる毎にアイテムが増えていく』

僕はこの言葉が大好きです。

僕は50歳ですが、出会い系サイトなどでも20代の女性がセフレになってくると頼んでくるような状態です。

もちろん、セックステクニックでメロメロにするのですが、まずセックステクニックを披露する前に、見た目をオジさん臭くしないような努力が必要です。

腹が出て、不潔な本当に中年のおっさんであれば、幾らチンコがデカくても、クンニがうまくても若い女性に相手にされるはずありません。

セックスがうまいのは重要な要素です。

>>【クンニでメロメロにする!】セックスシンパシーのレビュー

もちろん、セックスで女性を満足させるためには、ペニスが勃起しない、中折れするとかは興ざめです。

中年男性は最もモテる時期。精力減退は致命的

男の40代、50代は人生のなかで最も大切で、大変な時期であることは誰もが一致した見解でしょう。

働き場所において、中間管理職として部下の面倒をみながら現場を指揮するかたわらで、会社側の要求にも応えなくてはならず、板ばさみの日々かもしれません。

家庭では、仕事のグチをこぼすことなく、「良き父」として、「良き夫」としての役割をこなさなくてはなりません。仕事でも家庭でも大きな負担を強いられる年代です。

負担が大きいだけに、人生で最も充実するのはこの時期だともいえるかもしれません。

色々なストレスもあるかもしれませんが、男性は余裕(経済的&時間&精神的)が出来てきて、女性にモテる様になるのです。

これは、男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンがしっかりとあり、毎日精力がある生き方が出来ているのが前提ですが。

ちゃんと体内に男性ホルモン(テストステロン)が補填されていれば、女性は本能的なメスの部分でオスを求めるので、中年男性がモテるのは納得です。

つまり、一番モテるこの時期に、体内の男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンが下がり、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の状態になり、顔が疲れ、太り、メタボになり、おまけに精力減退であれば、損している事になります。

精力減退を避けるために、日々の生活を心がける

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)とか、無気力症候群と呼ばれている症状は、体内で男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンの低下により引き起こされると言われています。

踏ん張るためには、あなた自身の心身に対する知識を深め、あなた自身を使いこなす知恵を身につけることが不可欠になってきます。

なんとなくだるい
最近、どうもやる気がでない

等、理由もないのに元気がなくなってくることは誰もが経験する事があります。(これこそが体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンの欠如から起こる男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の症状なのですが、、)

うつ病なのかも、、、と予想して沢山の事をしても解決しません。

しかし、これは食生活やストレスからくる、体内の男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンの減少から引き起こされる男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)なのかもしれません。

生活習慣を整え、精力剤サプリメントで栄養補充すれば、体内で男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンが増える環境が整う。

それなのに、うつ病という点で観ると余計にややこしくなります。

男性を襲う「不元気症候群」ともいえる、不調を訴え続ける病気が存在することはあまり知られていません。

こころの病気ではなく、体の変化が原因となって起きるのです。その変化とは男性ホルモンによるものです。

ホルモン分泌の低下、あるいはアンバランスが不調の理由となり、老化を加速させ、またこころをはじめとして、体の病気に結びつくことが最近の分析によってわかってきました。

精力が無くなってきた、、、というだけだったり、最近疲れてきた、、とか疲れがとれない、、とかも男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の症状です。

しっかりと男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)について知識を深める事で、解決方法が見えてくる可能性があります。私自身そうであったように、しっかりと改善する事も可能です。

男性更年期障害の自己判断テスト
★ナシ・・1点 ★軽い・・2点 ★中度・・3点 ★重い・・4点 ★非常に重い・・5点
  1. 全体的に見て調子が良くないと思う
  2. 関節、筋肉などの痛みがある(腰痛、関節、手足、背中)
  3. ヒドい発汗がある(突然、緊張、運動関係なくホテる、発汗する等)
  4. 睡眠の悩み(寝付き、眠れない、寝起きが悪い、睡眠が浅いなど)
  5. いつも眠い、しばしば疲れている
  6. イライラしている(当たり散らす、不機嫌になる、些細な事に腹を立てる)
  7. 神経質(緊張しやすい、落ち着かない、じっとしていられない)
  8. 不安定(パニックになる)
  9. 身体の疲労(行動力の低下、活動減少、全てに興味がない)
  10. 筋力が低下する
  11. 憂鬱な気分(落ち込む、悲しむ、涙もろい、意欲が沸かない、気分にムラ)
  12. 絶頂期が過ぎたと感じる(性欲など男性的な事全般)
  13. 力付きてドン底だと感じる
  14. ヒゲの伸びが遅くなった
  15. 性的能力が衰えてきた
  16. 早朝勃起(朝起ち)が起きない、減った
  17. 性欲がない(セックスが楽しくない、中折れ、性交の欲求がない
★17~26点・・・可能性は低い ★27~36点・・・軽度の疑い ★37~49点・・・中程度の疑い ★50点~・・重度

>>【2020年版】抜かずの3発!中高年オススメの精力剤サプリランキング【タッちゃんも愛用!】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事