男性更年期障害とうつ病の違い・見分け方はペニスの勃起障害などの性機能の減退

こんにちはタッちゃんです。

僕は38歳の時にペニス増大を行いました。その際にペニス増大サプリメントを飲み続けていました。

その流れで、精力剤サプリメントも定期的に飲むようになりました。年齢的に50歳を迎えるため、セックスをやるためにはペニスの勃起が重要だと思ったからです。

ですので、一般的に言われている男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)と呼ばれる症状は全くありません。

テストステロンが欠けた時、ペニスやセックスに起こる被害
  • 朝勃ちをしなくなる
  • セックスの時に中折れしてしまう
  • セックスの時に射精までしない
  • よほど興奮しない限りギンギンに勃起しない
  • 射精をしても気持ちよくない
  • そもそも性欲が湧かない

このようなペニスの状態、勃起不全や中折れ、性欲減退というのは、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の初期症状なのです。

出会い系サイトでも、50歳といえば絶対に信じてもらえません。

同窓会に行けば、ヨガのドスケベな同級生に誘われるような見た目になっています。

その名の通り、男性ホルモン(テストステロン)は「オス」として必要な性ホルモンですので、女性が本能的にメスとして魅力を感じる要素があると断言出来ます。

もしあなたが、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の初期状態である、ペニスの勃起や朝勃ちの悩みを持っているのであれば、生活習慣と精力剤サプリメントで改善は可能だと思います。

ペニスの勃起が芳しくない理由は体内の性ホルモンの低下

ペニスの勃起障害、または朝立ちがしない、中折れ、という性の悩みが顕著に出だす『男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)』は、体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを増やすことで殆どが改善されていきます。

ですので、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の改善には『精力剤』と『ペニス増大サプリメント』が最適なのです。

>>【2020年版】抜かずの3発!中高年オススメの精力剤サプリランキング【タッちゃんも愛用!】

ペニス増大サプリメントと精力剤サプリメントの違い

成分的にはペニス増大サプリメントの方が沢山含まれています。

ペニス増大サプリメントを服用することでも、GHリリーザーの成分が摂取出来ますので、チンコが小さい男性はペニス増大サプリメントを先に服用したほうが良いかもしれません。

ただ、精力剤サプリメントとペニス増大サプリメントの違いは、精力剤サプリメントは「ペニスの勃起に特化した栄養の配合率」であり、増大サプリメントは「チンコがデカくなるための最適な配合率」です。

餅は餅屋という言葉がありますが、それぞれの目的に合わせてサプリメント選びを行ってください。

単純に、ペニスの勃起力が下がっている男性は、精力剤サプリメントを数ヶ月服用する方が効果的です。

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の主な症状

男性更年期障害の自己判断テスト
★ナシ・・1点 ★軽い・・2点 ★中度・・3点 ★重い・・4点 ★非常に重い・・5点
  1. 全体的に見て調子が良くないと思う
  2. 関節、筋肉などの痛みがある(腰痛、関節、手足、背中)
  3. ヒドい発汗がある(突然、緊張、運動関係なくホテる、発汗する等)
  4. 睡眠の悩み(寝付き、眠れない、寝起きが悪い、睡眠が浅いなど)
  5. いつも眠い、しばしば疲れている
  6. イライラしている(当たり散らす、不機嫌になる、些細な事に腹を立てる)
  7. 神経質(緊張しやすい、落ち着かない、じっとしていられない)
  8. 不安定(パニックになる)
  9. 身体の疲労(行動力の低下、活動減少、全てに興味がない)
  10. 筋力が低下する
  11. 憂鬱な気分(落ち込む、悲しむ、涙もろい、意欲が沸かない、気分にムラ)
  12. 絶頂期が過ぎたと感じる(性欲など男性的な事全般)
  13. 力付きてドン底だと感じる
  14. ヒゲの伸びが遅くなった
  15. 性的能力が衰えてきた
  16. 早朝勃起(朝起ち)が起きない、減った
  17. 性欲がない(セックスが楽しくない、中折れ、性交の欲求がない
★17~26点・・・可能性は低い ★27~36点・・・軽度の疑い ★37~49点・・・中程度の疑い ★50点~・・重度

ザックリとした指標になりますが、上記の項目を回答することで、現在男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)に近いのかどうか?が分かります。

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の症状は、非常にうつ病と症状が似ていると言われています。

・勃起力が下がったから勃起できるようになりたい
・朝起ちが全くないし精力が衰えてきた
・セックスの時にヤル気があるけど中折れしてしまう
・性欲が全く沸かない

という理由で、バイアグラ、精力剤、勃起不全サプリを探している方もいるかもしれませんが、30代後半以上であれば、それは男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の初期症状だと思っていいと思います。

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)は、20代、30代でもなる可能性があります

更年期障害というキーワードで、45歳~55歳までの時期を想像する男性も多いと思います。

しかし、仕事でストレスを抱えている方、急激に太った方など、いきなり男性ホルモンが下がり男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)になる事があり、その歳は30代後半でも十分になり得ると言われています。

運動しない、ストレスがある、暴飲暴食をしている場合、20代であっても男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)になる可能性もあります。

なぜ精力剤サプリメントが男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の改善に良いのか?

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)になる原因は生活習慣の乱れ、男性ホルモンの低下です。

男性ホルモンをしっかりとサプリメントで補充して(あるいは男性ホルモンの分泌を高めるサプリを飲む)、生活習慣をしっかりと見直す事でほとんどが改善できます。

ペニス増大サプリメント、精力剤サプリメントには、体内で男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンの分泌を促してくれるGHリリーザーと呼ばれる栄養素が沢山含まれているため、ED(勃起障害、勃起不全)の初期には非常に効果的です。

つまり、勃起障害とかEDというのは、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の初期症状から来るもの、男性ホルモン(テストテロン)の減少から起こるものですので、テストテロンの分泌が身体で高まってくれば自ずと勃起障害の改善、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の予防と改善が出来る様になるのです。

バイアグラなどは単純に『ペニスの勃起を高める』だけです。

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の初期症状の勃起障害(中折れ、勃起しない、性欲が沸かないなど)を改善するには一見良いように見えます。

しかし、バイアグラで一時的に勃起を強制的にする事が出来ても、体内のテストテロンの増加がなければ、いつまでもそういった悩みを持つことになります。

また、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の程度も加齢と共にひどくなります。

ですので、『最近勃ちが悪い、、』『朝起ちしなくなった、、、』『中折れする機会が増えてきた、、、』など感じた時に、バイアグラではなく、精力剤サプリメントを服用する事で体内のテストテロンが増え、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の予防になるという事です。

勃起不全サプリは体内の男性ホルモン(テストテロン)を高める為の成分を高濃度で配合していますので、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の予防や対策には最適という事になるのです。

だから、病院で男性ホルモンの注射などをする前に男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)サプリメントとして、勃起不全サプリなどを服用すれば、殆どの症状の改善が出来るようになります。

テストテロン増加で男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)で起こる全ての症状が改善できる可能性がある

精力剤サプリメントは、健康補助食品であり、バイアグラのようにケミカルに効果がすぐに分かるものではありません。

しかし、飲み続けることにより、体内で男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンの分泌が常に行われている状態をキープすることが出来ます。

体内の男性ホルモンが急激に減ることにより、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)と呼ばれる症状が起こってしまいます。

ですので、体内で男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが増える環境を整えてあげれば良いわけです。それには精力剤サプリメントが最適です。

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の症状は、勃起不全、中折れ、性欲の減退、射精時の快感の減少、朝起ちをしないという様な下半身の悩みだけではなく、うつ病の様な症状、女性の更年期障害と同様の症状を引き起こします。

・ヤル気が全くない
・いつも寝不足みたいな感じで毎日キツイ
・何事にもヤル気が出てこない
・筋肉を使わないのに筋肉痛、腰痛、肩こりがヒドい
・情緒不安定で、色々な不安をしないでいいのにしてしまう

この様な症状が男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の主な症状ですが、通常は加齢とともに進むため、改善策はないと諦めて何もせずに『歳だから、、、』と済ませてしまう人が殆どです。

しかし、勃起不全サプリを飲むことで男性ホルモン(テストテロン)が体内に増えてくることで、勃起障害などの下半身の悩み以外の改善も出来るようになります。

精力剤サプリメントを摂取することで体に起こる時間的な変化

体内で男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンの分泌を促す栄養素のGHリリーザーを含む精力剤サプリメントを飲み続けると、好転反応を実感することが出来ます。

精力剤サプリメントは、ペニス増大サプリメントと同様、あくまでも健康補助食品なのですが、飲み続けることで、体感として違いがわかるようになるのも特徴です。

ペニス増大サプリで生成される『男性ホルモンと成長ホルモン』が 足りない時のデメリットと、増えるメリット
男性ホルモン(テストテロン)と成長ホルモンは、20代をピークに分泌され、徐々に減っていきます。30代以降は体内で生成されることはほぼありません。ストレス、生活習慣により急激に減少し、女性の閉経の様な状態(急激に減る状態)になり、男性更年期障害(LOH症候群)と呼ばれる症状が出てきます。 男性ホルモン(テストテロン)、成長ホルモンが減ると起こる諸症状

  • ED(勃起障害)、勃起不全、インポテンツ、ペニスの勃ちが悪くなる
  • 朝立ちしなくなる、性欲の減退
  • ペニスの中折れ、射精出来ない
  • 射精の感度が下がる、セックスに興味がなくなる
  • 肥満やメタボリックシンドローム、筋肉量の低下
  • 不眠、眠りが浅くなる
  • 腰痛、肩痛、肩こり、理由もなくだるくてヤル気が出ない
  • 発汗、ほてり、動悸、頻尿、めまい

成長ホルモン、男性ホルモンが増えると期待出来る好転作用加齢により体内で増える事がない男性ホルモンと成長ホルモンをペニス増大サプリで強制的に体内で作ることで、以下の好転反応が期待できます。

  • 第二次性徴期と同様、ペニスがデカくなる
  • 性欲の増進(ペニスの勃起の向上、セックスの時の射精の気持ちよさ)
  • 筋肉量が増えセクシーになる、痩せる(肥満やメタボ予防)
  • 体毛増加作用
  • ドーパミンの分泌を促す為、精神を活性化してヤル気を高める
  • 鈍痛予防効果
  • 闘争本能促進、孤独願望促進
  • うつ病予防、アンチエイジング対策
  • モテる(女性は無意識レベルで男性ホルモン(テストステロン)の量を測っていると言われている)

*テストテロンは『モテフェロモン』『モテホルモン』とも呼ばれています。 ヴィトックスαエクストラエディションは、血行促進成分、または、ペニス増大サプリメントの成分として有名な人気成分シトルリンを従来比2倍配合しています。

もし現在、元気がなかったり、ペニスの勃起が思う様にいかないのであれば、精力剤サプリメントの摂取をオススメします。

>>【2020年版】抜かずの3発!中高年オススメの精力剤サプリランキング【タッちゃんも愛用!】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事