こんにちはタッちゃんです。ED(勃起障害、勃起不全)と言っても色々な種類があります。

自分で直せるタイプ、自分で直せないタイプとありますが、多くの中年男性のED(勃起障害、勃起不全)は自分で直せるケースが殆んどだと思います。

今回は、ペニスの勃起、勃ちが悪いとかED(勃起障害、勃起不全)の症状がある男性に向けて、改善策などを私なりに考えてみたいと思います。

自分で直せるED(勃起障害、勃起不全)の種類について

ED(勃起障害、勃起不全)には色々な種類があります。

一般的には、「少しでも勃起すればED(勃起障害、勃起不全)は改善する可能性が高い」と言われています。

  • セックスの時に中折れしてしまう
  • セックスの時に状況によって射精まで出来ない
  • 朝勃ちをする時としない時がある
  • 芯がないブヨブヨした勃起状態になる

この様な男性は多いと思います。中年男性になる、基本的にペニスの勃起力が弱まります。

私も、30代の時と40代の時では、ペニスの硬さが変わってきました。。ED(勃起障害、勃起不全)と言う自覚はありませんでしたが、危機感はありました。

ほとんどの中年男性の場合は、朝勃ちがしなくなったり、ペニスが満足した勃起力にならない…という悩みが事の発端になります。

ペニスの勃起には色々な要素が絡まっている

ペニスの勃起は、

  • カラダや血管、神経などの肉体的な要因
  • 悩みやストレス、トラウマなどの原因

等が複雑に関わります。悩みやストレスは、普段の仕事や色々な私生活での悩み全般の事です。

また、勃起力が弱まった時にセックスをすれば、射精まで出来ない焦りから「またイカないかもしれない・・・」と悩んで、どんどん状況が悪化する。

このほかにも、彼女から「まだイカないの?」「もうイッちゃったの?」「オチンコ元気ないね?」など言われる事で、セックスに対してのトラウマなども影響します。

肉体的な要因は、毎日の食生活が非常に影響しています。

暴飲暴食をする事で、栄養が足りていない状態、肥満やメタボリックは血管が縮まってくる為、結果的に勃起力が弱まります。

自宅でED(勃起障害、勃起不全)改善をする為の方法について

多くの男性が、加齢になれば必然的にペニスの勃起力が下がってきます。

改善する為の工夫をする事で、いい方向に向かっていくケースが殆んどです。

男性ホルモン(テストステロン)の減退、生活習慣病の改善

ペニスの勃起は男性ホルモン(テストステロン)が低下する事によって起こります。

通常の男性であれば、年を重ねれば重ねる元ペニスの勃起力が落ちます。それは仕方がありません。

しかし、そのまま放置して諦めるのではなく、改善する事も可能です。

テストステロンが減少しているのであれば、精力剤やペニス増大サプリメントなどを摂取する事で、即効性はありませんが体内で増やす事が出来ます。

また、生活習慣病の改善、例えば暴飲暴食等を意識するだけでメタボリックシンドロームの改善も出来ます。

男性ホルモン(テストステロン)は全ての男性において絶対に必要なホルモン

加齢になっていくとだんだんと男性ホルモン(テストステロン)が分泌されなくなります。

一説には、25歳以上からは殆ど体内で生成されることがなく、それがペニスの勃起力の衰退に隠居すると言われます。

年を取ると男性ホルモンが減っていく為、自主的に体内で男性ホルモン(テストステロン)を増やすことが大事です。

ペニス増大サプリで生成される『男性ホルモンと成長ホルモン』が 足りない時のデメリットと、増えるメリット

男性ホルモン(テストテロン)と成長ホルモンは、20代をピークに分泌され、徐々に減っていきます。30代以降は体内で生成されることはほぼありません。 ストレス、生活習慣により急激に減少し、女性の閉経の様な状態(急激に減る状態)になり、男性更年期障害(LOH症候群)と呼ばれる症状が出てきます。 男性ホルモン(テストテロン)、成長ホルモンが減ると起こる諸症状

  • ED(勃起障害)、勃起不全、インポテンツ、ペニスの勃ちが悪くなる
  • 朝立ちしなくなる、性欲の減退
  • ペニスの中折れ、射精出来ない
  • 射精の感度が下がる、セックスに興味がなくなる
  • 肥満やメタボリックシンドローム、筋肉量の低下
  • 不眠、眠りが浅くなる
  • 腰痛、肩痛、肩こり、理由もなくだるくてヤル気が出ない
  • 発汗、ほてり、動悸、頻尿、めまい

成長ホルモン、男性ホルモンが増えると期待出来る好転作用 加齢により体内で増える事がない男性ホルモンと成長ホルモンをペニス増大サプリで強制的に体内で作ることで、以下の好転反応が期待できます。

  • 第二次性徴期と同様、ペニスがデカくなる
  • 性欲の増進(ペニスの勃起の向上、セックスの時の射精の気持ちよさ)
  • 筋肉量が増えセクシーになる、痩せる(肥満やメタボ予防)
  • 体毛増加作用
  • ドーパミンの分泌を促す為、精神を活性化してヤル気を高める
  • 鈍痛予防効果
  • 闘争本能促進、孤独願望促進
  • うつ病予防、アンチエイジング対策
  • モテる(女性は無意識レベルで男性ホルモン(テストステロン)の量を測っていると言われている)

*テストテロンは『モテフェロモン』『モテホルモン』とも呼ばれています。

上記の様に、男性ホルモン(テストステロン)が体内で増えれば

  • ペニスの勃起力が上がる
  • 筋肉量が増え、脂肪が減る

相乗効果が狙えますので、ぜひとも体内でテストステロンを増やす意識を持つと良いでしょう。

生活習慣病は、ペニスの勃起以外の重大な病気を引き起こす

40代以上の男性にとって「血管の収縮」は常に意識しなくてはいけないコトです。

西城秀樹さんなどを見れば分かりますが、「サウナ好き」の男性が突然倒れたりするのは、体内の血中濃度が濃いくなっているかららしいです。

純粋に「水」の摂取量が少ない上に、普段からたばこを吸ったりお酒を飲んだりすれば、血液に不純物が貯まる環境になります。

更にサウナに行くことによって、水分の蒸発が起これば、結果的には「長年の蓄積」がされる事になります。突然血管が詰まって倒れるケースが多いです。

「ペニスの朝勃ちがしなくなった」と言う症状は「血管の重大な病気」の始まりだとも言わています。

生活習慣を改善が出来ない場合、ペニスの勃起だけに限らず「セックスが出来ないカラダ」になる可能性が高いので注意が必要です。

また体内で男性ホルモン(テストステロン)が減ってくれば、「お腹が出て女性が魅力を感じない」と言う「見た目的なデメリット」もありますので、やはり生活習慣の改善は「ペニスの勃起」「女性とセックスをする」為には必要です。

心因性のトラウマでペニスの勃起が上手くいかない場合のED(勃起障害、勃起不全)

心因性のトラウマもペニスの勃起には非常に重要な関わりがあると言われています。

  • 過去にパートナーにセックスの事で馬鹿にされた
  • ペニスの大きさなどでひどいことを言われた
  • 自分自身がペニスやセックスに対してコンプレックスを持っている
  • よほどの刺激がないと射精まで出来ない
  • セックスの途中に中折れをする為、それがプレッシャーになって余計に勃起しなくなる

等「セックスが不安」「女性が怖い」の問題を抱えてセックスが出来なくなる男性も多いです。

  • 若い時には自信があったのに、最近ペニスが勃起しなくなった…
  • なかなかイカないので女性が冷めているのではないかと不安になる…
  • もともとペニスが小さくて自信がない
  • セックスの途中で勃起が収まってしまう事があるので怖い

この様にたびたびセックスの不具合がある為、バイアグラ等のケミカルに走る男性が多いです。

ただし中年男性の場合、この様なトラウマが突然吹き出ることもある為、バイアグラ等では改善出来ないケースが多いようです。

トラウマを解消するには、「トラウマとなっているものを払拭」するしかありません

  • 女性が満足するようなセックスをする
  • ペニスをデカくする
  • オナニーを極力やめて、セックスにすべてを懸ける
  • 早漏であればクリームなどを塗って対策を講じる

とにかく「自分に自信をつけること」が重要です。バイアグラ等のケミカルも私も使っていますが、普段の生活習慣や、毎日のサプリメント摂取で根本的な改善が必要だと思います

ED(勃起障害、勃起不全)を自分で治す方法

上記にあげたED(勃起障害、勃起不全)のケースは、殆んどが改善出来ます。

  1. 精力剤を使って体内の「精力」に関連する栄養摂取する
  2. 生活習慣を整える
  3. オナ禁をして「興奮度を高める」

この三つで若い頃の様な勃起力が戻ってくる可能性が非常に高いです。ボク自身が経験していますのでお薦めします。

精力剤を積極的に飲んで改善していく

精力剤を飲む事で体内の環境がわってきます。

私達が年をとってくると「白髪が出来る」と同じくらいの自然現象で「ペニスの勃起力の低下」が起こります。

手をこまねいていては、年齢を重ねていけばいくほどどんどん酷くなります。先程も言った様に、血管が詰まってくる為重大な疾患に繋がる可能性もあります。

ですので、その一つの改善として精力剤を積極的に服用していくコト。

精力剤は、バイアグラ等のように即効性はありませんが、時間をかけて体内の男性ホルモン(テストステロン)を増やしていく為に、ペニスの勃起以外にも重要な役割があります。

「ペニス増大サプリメント」には、精力剤に含まれている栄養以外にも、「ペニスがデカくなる為の成分」が沢山含まれています。

私も一番最初「大は小を兼ねるじゃないが、成分が多い多成分型(60種以上配合型)ペニス増大サプリメントの方が、結果的にいいのではないか?」と思っていました。

しかし、精力剤は「ペニスの勃起のために特化した成分配合」となっているため、ペニスの勃起力を高める、精力を上げる為には「ペニス増大サプリメントよりも精力剤」をお薦めします。

ドリンク等を飲んでも殆んど効果はなく、長期スパンで服用する必要があります。精力剤サプリや活力サプリは

  • コスト的には一日200円以内に収めることが出来る。
  • ペニスの勃起以外のプラスの効能が沢山ある

体内で男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンが増える事で、「疲れ」「怠惰」なども改善出来ますので、ぜひとも精力剤サプリや活力サプリをお勧めします。

体を根本的に変えていく為には、バイアグラよりも精力剤を摂取する事が先決です。精力剤でベースを整えた後に、どうしても本番に自信がなければバイアグラ等を服用すると良いでしょう。

日々に運動を取り入れる、睡眠時間を多くとる、食事を考えながら摂取するなどの生活習慣の改善

精力に直接に関係する以外にも、メタボリックシンドロームであれば「女性からセックスの対象に見られない」可能性が高いです。

幾らペニスをデカくしても、勃起は若いものには負けない!と思っていても、体型がオッさんそのものであったり、体臭や見た目を気にしない場合、そもそも「セックスをしたい」とすら思われません。

毎日運動をする事で若々しい体をキープする事。そうすれば睡眠時間を沢山取るようになります。

体つきが変わってくる為、食事も暴飲暴食にならなくなります。このように好転反応ばかりなります。

日々に運動を摂り入れること。ここが凄く重要なポイントです。

また、睡眠時間は非常に重要です。成長ホルモンは睡眠時間のみ分泌され精力剤等でGHリリーザーを摂取しておけば、成長ホルモンの分泌を高めてくれます。

睡眠時間を多く取って、食事も体に良いモノを食べる。その様な日々の努力が「ペニスの勃起」をはじめとする若々し体を作ってくれます。

スクワットをする事で下半身に血流が集中する

ペニスをデカくする為のチントレ以外にも、ペニスに関係する筋肉として、スクワットをするのは昔から定番です。

下半身に力を入れることで、効率よくペニスをデカくする事が出来ます。精力剤で摂取した栄養成分も、「脳ミソがペニスに使うようにしろ」と思わなければ意味がありません。

その為にも、「下半身に血流を集めておく」「下半身の筋肉を鍛えておく」必要があります。

精力を上げたい男性は、スクワットなどを日々の運動に取り入れましょう。更に言えば、最も筋肉量が多い足の筋肉を鍛えれば、体の基礎代謝が上がりメタボの予防にもなります。

オナ禁をする

ペニスの勃起力が加齢によって下がったにも関わらず、若い時からの癖で「オナニー」が常習化している中年男性は非常に多いです。

セックスの途中にペニスが中折れしたり、朝勃ちしなかったり、射精が出来なかったりする原因の一つは「過度のオナニー」です。

また、AVの見すぎで「生身の女性には興奮しなくなる」と言う、デジタル時代ならではの悩みも多くあります。

ED(勃起障害、勃起不全)は自宅で治すことが可能のまとめ

いかがでしたか?

最近朝勃ちがしなくなった…と悩んでいた男性は、自分の生活習慣を思い返してみてください。

「白髪が増える」と同じくらい、ペニスの勃起力の低下は自然現象の一つです。また、生活習慣の悪さ、ペニスのことに対しての知識のなさがED(勃起障害、勃起不全)の加速装置です。

時間はかかるかもしれませんが、「何もやらない」「今から改善する」では、2年後、1年後スパンで見ると全く変わった未来になります。

最近朝勃ちがする時としない時がある…
昔はギンギンだったのに、ペニスが元気がなくなってきた…

この様に思う男性は、今すぐにこのページに書かれている所を意識して取り組んでみてはどうでしょうか?

まずはマカサプリメント等を取り入れる。ペニスの勃起を根本的に強くしたいのであれば、マカサプリメント更に効能が高い精力剤を服用する事をお薦めします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事