こんにちはタッちゃんです。

今日は、男性ホルモン(テストステロン)が減ると命に関わるかも…という話について。

セックスができない、ペニスが勃起しないというのは、男にとって死活問題です。

そのためにも、体内で男性ホルモン(テストステロン)を増やす必要がありますが、本当に命の危険に関わる可能性もあるかも?という話をしてみたいと思います。

以前は医療も発展していなく、寿命はかなり短かったですよね。

大体50歳とかで死んでいたと考えられている様ですので、更年期と言われる45~55歳の範囲内で死亡していたとされています。

つまり昔は、更年期障害と呼ばれる年代のラインで死亡する人が多かったため、女性の更年期障害と呼ばれることもなかったわけです。

最近は男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)という言葉さえあります。

昔は、男性ホルモン、女性ホルモンなどの性ホルモンが減少より先に死を迎えていたので、減少する事による障害をはじめとして、病気が問題点にされることはなかったと思われているようです。

ですが、近頃では男性の平均寿命は80歳に近く、女性は86歳を超えています。これだけ寿命が延びれば、それ以前には見えなかったさまざまな問題が表面化するのは当然だと言えるでしょう。

アンドロゲンやエストロゲンの低下による問題もそのひとつであり、医学の進歩によって性ホルモンと寿命の関係も明らかになって来たとされ、男性ホルモン(テストステロン)の低い男性は寿命が短いことがわかっている様です。

外国の研究でも、日本国内の研究でもそれは実証されています。

私たちも、中年世代(平均年齢48歳)で、生活習慣病を抱えた男性を追跡調査したところ、男性ホルモン(テストステロン)値が低い男性の方のほうが心筋梗塞、あるいは脳梗塞になるとなる時が多かったということです。

体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンは、第二次性徴期がマックスに分泌されて、更に第二次性徴期を堺にドンドンと分泌が減ることが研究でわかっています。

ペニス増大サプリメントにしても、精力剤サプリメントにしても、体内で性ホルモン分泌を増やすことは重要です。

ですので、増大サプリや精力剤サプリメントには、男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンの分泌を増やすためのGHリリーザーと呼ばれる成分がふんだんに含まれています。

GHリリーザについて

GHリリーザーとは、単体成分名ではありません。 アミノ酸では『オルチニン、アルギニン、トリプトファン、グルタミン、グリシン、チロシン』、そしてビタミンやミネラルでは『ビタミンB6、ナイアシンアミド、亜鉛、カリウム、マグネシウム、カルシウム、ビタミンC』です。 これらの事を総称してGHリリーザーと言います。

成長ホルモンの分泌を促し、カラダに有効な成分の集まりをGHリリーザーと呼びます。 成長ホルモンの分泌を促すGHリリーザーと呼ばれる上記の成分は、一度に一緒に摂取することで相乗的に効果が現れると言われています。

GHリリーザ理論

上記のGHリリーザと呼ばれる栄養素は、単体で摂取するよりも、多成分を同時摂取するとより相乗効果があるという結果が分かっています

これをGHリリーザー理論と言います。 当サイトでオススメしている多成分配合総合型ペニス増大サプリメントは、このGHリリーザーなどの成分が100種類以上入っているため、効率よく成長ホルモンや男性ホルモンを分泌する事が出来ます。

体内で男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが少なくなると、人間らしい生活が出来ない事が多く、それが男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の原因となります。

体内で男性ホルモン(テストステロン)が減るデメリット

男性ホルモン(テストステロン)が減ることで起こる色々な症状は以下の様なものです。

生活習慣病

  • 肥満
  • 脂質異常症
  • 糖尿病
  • 骨粗しょう症
  • 筋力低下など

臓器障害

  • 心臓病
  • 脳血管障害
  • 骨折など

日常生活障害

  • 認知症
  • 寝たきりなど

セックスができなくなるとか、朝勃ちがしないとかそういったレベルじゃないですよね^^;

元気な男性に限らず介護が必要になった男性でも男性ホルモン(テストステロン)と寿命は密接に関係していると言われています。

要介護の高齢者は「テストステロン値が高いと長生きする」よりも「テストステロン値が低すぎると寿命が縮む」と理解すべきだと考えられている様です。

直接的な死因という形で特定されていませんが、骨粗しょう症による骨折が原因となり、加えてそこに認知症になり、その結果として寝たきりになって亡くなった方も居るようです。

男性ホルモン(テストステロン)には骨、それに加え筋肉をつくる働きがありますから、もちろんのこと、欠如すれば骨粗しょう症や骨折にも結びつきます。

また、男性はテストステロン値の低い男性のほうが動脈硬化の進行は速く、心筋梗塞で死亡している状態が多いことが統計として明らかなっているようです。

男性ホルモン(テストステロン)には血管保護作用があるようです。

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)によって男性ホルモン(テストステロン)値が低下すれば、心筋梗塞などの血管障害を発症する傾向は高まり、寿命も短くなるというわけです。

男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが減ると命に関わる

当サイトでは精力剤サプリメントを勧めているのですが、それは男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを体内で増やしてくれる栄養がある為です。

チンコの勃起障害、そして性機能の減退全般は、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)が引き起こすと言われています。

そして、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)は体内の『男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンの低下』によって起こるのです。

つまり、ペニスが勃起がしなくなった、『中折れ』『勃ちが悪い』『芯がない半勃ち状態』が最近気になって、、、という男性の場合、深く考えることなしにバイアグラなどのケミカルに頼ると危険という事です。

気付いた時には手遅れになるという可能性もあります。

ペニスの勃起障害以外にも、体内で男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが減る事で起こる障害は沢山あるからです。

ですので、しっかりと日々、体内で男性ホルモンが減らないような生活、また、第二次性徴期以降生成されることがない男性ホルモンを体内で作るべく精力剤を飲む事を意識する事が大事だといえるでしょう。

ペニス増大サプリで生成される『男性ホルモンと成長ホルモン』が 足りない時のデメリットと、増えるメリット

男性ホルモン(テストテロン)と成長ホルモンは、20代をピークに分泌され、徐々に減っていきます。30代以降は体内で生成されることはほぼありません。ストレス、生活習慣により急激に減少し、女性の閉経の様な状態(急激に減る状態)になり、男性更年期障害(LOH症候群)と呼ばれる症状が出てきます。 男性ホルモン(テストテロン)、成長ホルモンが減ると起こる諸症状

  • ED(勃起障害)、勃起不全、インポテンツ、ペニスの勃ちが悪くなる
  • 朝立ちしなくなる、性欲の減退
  • ペニスの中折れ、射精出来ない
  • 射精の感度が下がる、セックスに興味がなくなる
  • 肥満やメタボリックシンドローム、筋肉量の低下
  • 不眠、眠りが浅くなる
  • 腰痛、肩痛、肩こり、理由もなくだるくてヤル気が出ない
  • 発汗、ほてり、動悸、頻尿、めまい

成長ホルモン、男性ホルモンが増えると期待出来る好転作用加齢により体内で増える事がない男性ホルモンと成長ホルモンをペニス増大サプリで強制的に体内で作ることで、以下の好転反応が期待できます。

  • 第二次性徴期と同様、ペニスがデカくなる
  • 性欲の増進(ペニスの勃起の向上、セックスの時の射精の気持ちよさ)
  • 筋肉量が増えセクシーになる、痩せる(肥満やメタボ予防)
  • 体毛増加作用
  • ドーパミンの分泌を促す為、精神を活性化してヤル気を高める
  • 鈍痛予防効果
  • 闘争本能促進、孤独願望促進
  • うつ病予防、アンチエイジング対策
  • モテる(女性は無意識レベルで男性ホルモン(テストステロン)の量を測っていると言われている)

*テストテロンは『モテフェロモン』『モテホルモン』とも呼ばれています。 ヴィトックスαエクストラエディションは、血行促進成分、または、ペニス増大サプリメントの成分として有名な人気成分シトルリンを従来比2倍配合しています。

ペニスが健康のバロメーター

体内で男性ホルモン(テストステロン)が減ってくると、まずペニスに異常が現れます。

テストステロンが欠けた時、ペニスやセックスに起こる被害
  • 朝勃ちをしなくなる
  • セックスの時に中折れしてしまう
  • セックスの時に射精までしない
  • よほど興奮しない限りギンギンに勃起しない
  • 射精をしても気持ちよくない
  • そもそも性欲が湧かない

みたいな感じです。

このような感じを少しでも感じる中年男性の方は、体内で男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンが少なくなっている可能性が高く、日常生活や栄養について考え直す必要があると思ってください。

朝勃ちがしなくなったとか、セックスの時に中折れをするのでバイアグラを飲む。

このような改善策では、抜本的な改善はできません。

生活習慣を改め、体内で男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンを増やす意識を持ってください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事