ペニスをデカくしたいとき、チントレとペニス増大サプリメントはどちらが大事なのか?について。

という質問をいただきましたので答えて行きたいと思います。

結論から言えばチントレの方が良いでしょう

「筋肉」と「タンパク質」の関係を考えていただけるとわかると思いますが、筋肉の材料である「タンパク質」がなければ筋肉が大きくならないのと同様、やはり栄養はメチャクチャ大事です。

さらに言えば「サプリメントを買うお金がない」と言われていますが、逆に食べ物から「ペニス増大に大事な栄養」を摂取する方がコストパフォーマンスが悪くなります^^;

 

ペニス増大サプリメントは、何度も言っていますが健康補助食品であり、ペニス増大サプリメントを摂取することによって特別な作用が働き「ペニスが大きくなる」訳ではないことを理解しておく必要があります。

僕が38歳からペニスをデカくすることが出来たのは、脳ミソの理論と、筋肉をデカくする理論をちゃんと理解していたからだと思っています。

つまり、何が言いたいかといえば「体の再生のためには栄養は絶対に必要な要素である、食べ物からペニス増大に効果的だと言われている栄養素は吸収することが厳しい」事を知っていた訳です。

さらに言えば、ペニス増大サプリメントは健康補助食品であるので、過度の期待を全くしていなかったのです。

シトルリンとアルギニンの推奨1日摂取量

ペニス増大や精力改善、『活力』アップに必要なアルギニンとシトルリン。どれくらい1日に摂取すれば良いのか?ですが、一般的に「シトルリンは1日目安0.8g(800mg)」「アルギニンは1日目安4g(4000mg)」だといわれています。食べ物で摂取するのはほぼ不可能です。

100グラムあたりのシトルリン量

  • スイカ 0.18g(180mg)(100gあたり)
  • ヘチマ 0.6g( 60mg )(100gあたり)
  • メロン 0.5g(50mg)(100gあたり)
  • 0.8g(800mg)摂取する為に必要な量
  • スイカ 450g(一玉3~5キロなので、約6等分の1切れ)
  • ヘチマ 約1.5キロ(ヘチマ半分)
  • メロン 約1.6キロ (1.5個分)

100グラムあたりのアルギニン量

  • くるみ(炒り) 100g→2.2g(2200mg)
  • 若鶏肉(むね・皮なし・生) 100g→1.5g(1500mg)
  • 豚肉(ロース・赤身・生) 100g→1.5(1500mg)

「食品成分データベース」(文部科学省) https://fooddb.mext.go.jp/

アルギニンやシトルリンのそれぞれの働きは、ペニス増大や精力を高めたい方はご存知だと思います。

「ペニス増大や精力に効果があると言われている一日摂取量」を食べ物で取ろうと思えば、上記の様にコストもかかるわけです。

ペニスを大きくしたり、大人のペニスにするために第二次性徴期では男性ホルモン(テストステロン)が沢山分泌されるのですが、最も分泌される第二次性徴期でさえ、ペニスに使われる男性ホルモン(テストステロン)の割合はわずか数%たとも言われています。

そう考えると、まずはペニスをデカくしたいのであれば、チントレでペニスに負荷をかけるのが先決かな?と思います。

とはいえ、筋トレのケースに当てはめてみるとわかるのですが、栄養が全く取れていない状態で幾らトレーニングをしても意味がないです。意味がないことはないですが、非常に効率が悪いです。

メチャクチャ分かりやすく言えば、大工さんが沢山いて、設計図もちゃんとしているにもかかわらず、肝心の木材がないみたいなノリです。

かといって、食べ物で筋トレ時に必要なたんぱく質を摂取するのは非常に厳しいです。今では、だいたい体重の2、3倍のタンパク質を摂取するのがスタンダードだといわれていますので、タンパク質の摂取が少ない日本食の場合、鶏胸肉をメチャクチャ食べないとタンパク質摂取は厳しいです。

また、おいしい牛肉などを食べると、一緒に脂肪も取ってしまうので、結果的にはダイエットの面でマイナスになります。

そうなってくると、筋トレの場合はタンパク質を摂取するのであればプロテインが必須になるのです。結果的にプロテインを購入した方が財布にもやさしいわけです。

また、人間はホメオスタシスと呼ばれる恒常性維持機能と呼ばれる便利な機能があり、通常の食べ物でタンパク質を摂取するよりも、直接ダイレクトにアミノ酸を吸収できるプロテインの方が「いつもと違う」と脳ミソが感じてくれるので反応が良いと言われています。

筋繊維とペニスの海綿体組織では基本的な概念が違うと思いますが、「生命維持のための人間の体の仕組み」等を考えた場合、栄養は生命維持を一番に考えた部分から使われるのは何となく理屈で考えるとわかりますよね^^;

僕はダイエットにしても、筋トレにしても、そしてペニス増大にしても、「脳ミソを騙すことが有効である」としていて、それを腑に落としているから成功しているのではないか?と自己分析をしています。

質問に対しての答えとしては、このような考え方で「まず負荷をかける」事が最優先であり、そのあとに「修復するための栄養」が必要である。じゃないかなと思います。

そして、本当に学生さんで、毎月のお金が捻出出来ないのであれば、ペニス増大サプリメントは後回しになるでしょう。

上記の様に、シトルリンやアルギニンが含まれている食べ物を意識して摂取するという方法もありますが、正直ペニスをデカくするためには、色々な栄養素が絡んでくるため、アルギニンとシトルリンだけを摂取すれば良いという問題でもないです。

また、僕がなぜ多成分型(60種以上配合型)ペニス増大サプリメントを勧めているのか?と言えば、GHリリーザー理論と呼ばれる理論で、成長ホルモンや男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促してくれると呼ばれる栄養は、一度に摂取した方が相乗効果があると言われているのです。

成長ホルモンの分泌と飲むタイミング
GHリリーザーが一緒に摂られていると、夜中に成長ホルモン放出の引き金が引かれる事になる。 成長ホルモンの分泌がピークになるのは、眠りに入って90分後である。自然の成長ホルモンのレベルは、年を取るにつれて低下していく。そして50歳あたりでGHの算出は完全にストップしてしまう。 >>「小学館」パールミンデル著「ビタミンバイブル」より引用
GHリリーザについて

GHリリーザーとは、単体成分名ではありません。 アミノ酸では『オルチニン、アルギニン、トリプトファン、グルタミン、グリシン、チロシン』、そしてビタミンやミネラルでは『ビタミンB6、ナイアシンアミド、亜鉛、カリウム、マグネシウム、カルシウム、ビタミンC』です。 これらの事を総称してGHリリーザーと言います。

成長ホルモンの分泌を促し、カラダに有効な成分の集まりをGHリリーザーと呼びます。 成長ホルモンの分泌を促すGHリリーザーと呼ばれる上記の成分は、一度に一緒に摂取することで相乗的に効果が現れると言われています。

単体で摂取するよりも、GHリリーザーは1つでも多く同時摂取すると効果的という結果が分かっており、これをGHリリーザー理論と言います。 当サイトでオススメしている多成分配合総合型ペニス増大サプリメントは、このGHリリーザーなどの成分が100種類以上入っているため、効率よく成長ホルモンや男性ホルモンを分泌する事が出来ます。

つまり、「お金がない」部分が、本当に学生(例えば高校生とか)でお金がないのか?それとも、大学生でアルバイトをしているが、とてもじゃないがペニス増大サプリメントを購入するお金がないのか?によってアドバイスも変わります。

正直、ペニスをデカくすることは、今後の人生に於いてもかなりプラスになるはずですので、僕がもし自分自身大学生の貧乏な時代に戻っても、ペニス増大サプリメントは「飲み代を我慢しても」購入すべきサプリメントじゃないかな?と思います。

基本的には、人間の体は数ヶ月単位でしか変わることができません。ですので、ペニス増大サプリメントも1ヶ月単位で購入するのではなく、数ヶ月まとめて購入すべきです。

当サイトで勧めているペニス増大サプリメントはまとめて購入するとお得になっていますので、1つのペニス増大サプリメントをまとめて購入した方が良いかと思います

学生とは具体的に何歳なのか?

あと学生ということでしたが、実際に何歳なのか?が重要だと思います。

今では、中学生でもYouTubeを見ていますし、中学生でも彼女がいたりしてペニスの悩みを持っている男性も多いでしょう。

僕自身も、部活の時とかお風呂に入るとき、中学校の時は本当にコンプレックスでしたし、高校の時も友達と温泉に言ったりするのはできるだけ避けていました。

逆に言えば、中学生の頃は、チントレをすれば急激に伸びることもあるかと思います。つまり、第二次性徴期中であれば、基本的に人生の中で最も体内で男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンが分泌されているため、ペニス増大サプリメント等の栄養は全く必要ないと思います

また、体内の成長ホルモンや男性ホルモン(テストステロン)の分泌が最も多くなる年齢は20代の前半までがMAXだといわれています。

もちろん、第二次性徴期は、ペニスをデカくする、包茎→ズル剥けチンコにするみたいな作業のためだけに男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンを使うことはありません。

身長を伸ばしたり、それに伴っての新陳代謝が激しいですので、皮膚の入れ替わりや髪の毛、爪など全てに於いて栄養は使われる要素が最も高いです。

先程も説明しましたが、第二次性徴期で男性の場合、ペニスに使われるホルモンは数%ですので、もしも年齢が若いのであれば、チントレをしっかりと行えばペニスをデカくすることはできるでしょう。

体内でテストステロンが分泌される時期ではありますが、だからといってペニスに優先的に使われるわけではなく、むしろ数%しか使われないと思ってしっかりとチントレをしましょう。

30代や40代の男性は、やはり体内で男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンの分泌が止まっている状態だと言われていますので、ペニス増大サプリメントは必須になります。その時も当然ですがチントレメインです。

ペニス増大にはチントレとペニス増大サプリメントどっちが良いのか?まとめ

「学生さん」ということで、年齢なども非常に関係するために、ざっくりとした感じでしかお答え出来ませんでしたが、基本的にはチントレメイン、そしてしっかりと栄養を補給することが重要です。

そして、「チンコ大きくする」為には、男性ホルモン(テストステロン)や成長ホルモンも必要であり、最も分泌の高い時期の第二次性徴期であれば、ペニス増大サプリメントは必要ありません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事